top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

今シーズンに大きくステップアップしたNBA選手4名をピックアップ

バスケットボールキング

今シーズンに大きくステップアップしたNBA選手4名をピックアップ(C)バスケットボールキング

 NBAはレギュラーシーズンが終わり、プレーオフに突入する。毎年のように新たなスターが誕生するリーグは今年も例に漏れることなく、多くの選手がステップアップを遂げた。

 最優秀躍進選手賞(MIP)の発表も目前に控えているが、表彰前に受賞者リストに名前の挙がっている選手の中から一部選手にスポットライトを当て、その成長ぶりを振り返ってみたい。

◆■タイリース・マクシー(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)

 大きなサプライズがなければ、今シーズンのMIPはシクサーズの背番号0の手に渡るだろう。ジェームズ・ハーデンが思うようにフィットせず、ジョエル・エンビードへの依存度が高かった同球団だが、キャリア4年目を迎えたマクシーは大黒柱がケガで不在時にも大きな存在感を示した。

広告の後にも続きます

 平均スタッツは25.9得点、3.7リバウンド、6.2アシスト。得点は昨年比で+5.6得点も向上しており、3試合で50得点以上を記録している。そして、成長はスコアリング以外にも表れており、アシストは+2.7本も増え、数字には反映されない選手としての自信やリーダーシップも感じられた。

「FanDuel」をはじめとするオッズメーカーの多くが、マクシーのMIP受賞にマイナスオッズを提示しており、個人タイトルの獲得はほぼ決定的だ。

◆■コービー・ホワイト(シカゴ・ブルズ)

 フサフサの髪の毛と可愛らしい笑顔にファンの多いホワイトは、マイケル・ジョーダンが所持していたノースカロライナ大学のフレッシュマン得点記録を塗り替えるなど、カレッジ時代から期待されている選手だった。

 ザック・ラビーンやロンゾ・ボールをケガで欠いたブルズだったが、それらの影響もあってホワイトには多くのプレータイムが与えられ、自身が貴重な存在であることを証明した。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル