top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

“最強軍団”パリ五輪アメリカ代表の12名にユニ渡す演出…カリーは背番号4に笑顔「夏が待ち遠しいよ」

バスケットボールキング

“最強軍団”パリ五輪アメリカ代表の12名にユニ渡す演出…カリーは背番号4に笑顔「夏が待ち遠しいよ」(C)バスケットボールキング

 4月18日、アメリカ代表などを統括するUSAバスケットボールが、今夏に開催される「パリ2024オリンピック」男子バスケットボール競技に参戦するアメリカ代表の内定選手12名を正式に発表した。

 先日から報道されていた通り、今回のチームには3度の五輪出場経験があるレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)、ケビン・デュラント(フェニックス・サンズ)ら、NBAトップクラスのスター選手たちが集結。現地報道で“最後の1人”として内定が伝えられていたカワイ・レナード(ロサンゼルス・クリッパーズ)も、内定メンバーとして名を連ねた。

 USAバスケットボールは、代表入りが内定した12名の一覧を公開すると同時に、各選手へ背番号と背ネームが入ったアメリカ代表のジャージを手渡しする動画を公式Instagram(@usabasketball)で公開。

 36歳にして五輪初出場となるステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)は、4番のユニフォームを手にし、「五輪のアメリカ代表になることは夢のようなこと。世界選手権ではUSAジャージを着て2度優勝したけど、今回は格別だよ。このジャージを着て五輪で優勝した人たちはたくさんいるし、僕らもそうなりたい。夏が待ち遠しいよ」と笑顔で語った。

 7月27日に開幕するパリ五輪の男子バスケットボール競技には、日本代表(FIBAランキング26位)も含めた12カ国が出場。5連覇を目指すアメリカ代表は、グループラウンドの組み分けでグループCに入り、セルビア代表(4位)、南スーダン代表(33位)、世界最終予選勝者と対戦することが決まっている。

広告の後にも続きます

 今回発表されたアメリカ代表内定メンバーは以下の通り。

■パリ五輪 男子アメリカ代表内定メンバー
4 ステフィン・カリー(ウォリアーズ)
5 アンソニー・エドワーズ(ウルブズ)
6 レブロン・ジェームズ(レイカーズ)
7 ケビン・デュラント(サンズ)
8 カワイ・レナード(クリッパーズ)
9 タイリース・ハリバートン(ペイサーズ)
10 ジェイソン・テイタム(セルティックス)
11 ジョエル・エンビード(シクサーズ)
12 ドリュー・ホリデー(セルティックス)
13 バム・アデバヨ(ヒート)
14 アンソニー・デイビス(レイカーズ)
15 デビン・ブッカー(サンズ)
HC スティーブ・カー(ウォリアーズ)

【動画】カリーがUSAジャージを手にニッコニコ「光栄だよ」

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル