top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

名牝モシーンの孫 ベランジェールが初勝利なるか

netkeiba.com

名牝モシーンの孫 ベランジェールが初勝利なるか(C)netkeiba.com

 今度こそ待望の初勝利なるか。名牝モシーンの孫となるベランジェール(牝3、美浦・木村哲也厩舎)が、土曜東京5Rの3歳未勝利(芝1600m)で3カ月ぶりの実戦を迎える。

 ベランジェールは父モーリス、母キャリコ、母の父ディープインパクトの血統。母はJRAで5戦未勝利だったが、祖母のモシーンは豪州でG1を4勝した名牝。叔母のプリモシーンは18年のフェアリーSと関屋記念、20年の東京新聞杯の覇者。19年のヴィクトリアマイルはノームコアからクビ差の2着だった。また、叔父のダノンエアズロックは22年のセレクトセール1歳で4億5000万円(税抜)の高値で取引され、昨年のアイビーSを制している。

 ここまで3戦0勝。昨年7月の新馬(函館芝1800m)は3秒0差の12着に終わったが、これは稍重の発表以上にパワーを要する馬場が堪えたもので、もちろん参考外。その後の2戦を2着、3着にまとめているように、未勝利では力上位だ。

 今回は約3カ月ぶりの実戦となるが、攻め過程を見る限り、仕上がりに不安はない。先週の皐月賞では1番人気のレガレイラで6着だった木村厩舎と北村宏司騎手のタッグ。ここで少しでも悔しさを晴らしてほしい。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル