top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

保育園に預けられなければ退職一択だったが…2001年に第一子を出産した女性がいま、「男性の育休黎明期」について思うこと【ライフキャリアコンサルタントが解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

2022年10月より、男性の育児休業取得を推進するため、子の出生日から8週までの期間に取得できる「産後パパ育休(出生時育児休業)」が創設されました。政府は2025年までに男性の育児休業取得率を30%とする目標を掲げていますが、現状、男性の育休が浸透しているとは言い難いでしょう。本記事では、2001年に第一子を出産したライフキャリアコンサルタントの江野本由香氏が、日本の育児支援制度の実態について解説します。

父親の育休問題

2022年10月からパパ育休もはじまり、父親が育休を取ることは国をあげて応援モードです。とはいえ男性の育休は、言い出しづらい、取りづらいと感じている人も多いでしょう。

なぜ育休を取りたいと言い出しづらいのでしょうか。また、なぜ取りづらい状況なのでしょうか。その理由にはいろいろあるでしょう。

■仕事が忙しくて休めない
■職場で取った人がいない、もしくはほとんどいない
■これからのキャリアに影響が出てしまうのではないかと不安

などなど。ですが、父親であるあなたが「自分の価値軸に沿った選択として育児休業を取りたい」と思うのであれば、これらの理由で取らないのはもったいないです。

仕事と育児の両立は、長いあいだ女性の課題としてとらえられてきました。しかし時代が進み、これからは男性・女性にかかわらず、すべての働く親の課題となり、とくに大きな変化が求められるのは男性の働き方や生き方なのです。

広告の後にも続きます

変化することは、むずかしいし、勇気のいること。では、どうすればよいでしょうか。

「育休を言い出しづらい…」今の自分に大切なことを考える

父親であるあなたが育休を取りたいと心から思っているとしましょう。

「自分だけでなく、職場全体が忙しくて、とても育休を言い出せる雰囲気ではない」「職場で誰も取った人がいないので、周囲からどう見られるか不安で言い出せない」という状況だとしたら、現在地点を人生のタイムスケールでとらえ、仕事人や父親といった役割のなかでWill-Can-Mustをあげてみましょう。

それを俯瞰し、「いまの自分にとって大切なことの優先順位」をつけてみるのです。すると、どのタイミングで、どれくらいの期間、育休を取得するのがよいのか、そのためにどのような段取りが必要かといった道筋が見えてくるでしょう。

このような過程を踏まえて導き出した考えは、決して自分勝手ではなく、職場のことも、パートナーのことも、子どものことも考えられたものであるはずです。自信をもって上司や周囲の人へ話してみてください。

それでも多少の反発はあるかもしれません。そのようなときは、先述したように「これがいまの自分の最善の選択」という言葉を自身に投げかけてみましょう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル