top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

データセンターの未来を拓く-ブロックバリューCEOが語る業界のトレンドと企業のビジョン

マガジンサミット

近年、世界で急速に成長するデータセンター市場。現在、業界ではどのようなトレンドがあり、今後、どのような方面で伸長していくのでしょうか。

日本において同市場を牽引する一社である株式会社ブロックバリューは、2022年に設立され、最新の技術による高い処理能力を生かしたデータセンターを提供している企業です。特にグラフィックスや機械学習などの高度な分析や処理が可能なプロセッサーであるGPU(Graphics Processing Unit) に強みを持ちます。

今回は、代表取締役CEOの大西基文さんに、昨今のデータセンター市場の伸長の背景やトレンド、同社の強みやビジョン、今後の戦略についてお話を伺いました。

■データセンター市場の成長要因

株式会社ブロックバリューのデータセンター

ーー近年、国内外のデータセンター業界は急速に成長していますが、どのような背景があるのでしょうか?

広告の後にも続きます

日本のデータセンターサービスの市場規模は2022年に2兆257億円(前年比15.3%増)と初めての2兆円超えとなり、今後も成長が見込まれています。パンデミック初期には顧客による投資の先送りなどが部分的に発生しましたが、リモートワークの浸透やインターネット上のサービスの利用拡大に後押しされ、データセンターの利用は順調に拡大を続けています。

データセンター市場が成長している主な要因は、クラウドサービスの利用拡大です。AWSやMicrosoft Azure(※1)のようなパブリッククラウドサービスに加え、クラウドサービスプロバイダーへの大規模データセンター設備のレンタルサービス、いわゆるホールセールやコロケーション(※2)データセンターといった形態のレンタルサービスの高成長が主な背景です。

※1 AWS:アマゾンが提供するクラウドサービス「Amazon Web Service」

Microsoft Azure:Microsoft社が提供するクラウドサービス。

※2ホールセールデータセンター:建物のみのレンタル形態の施設

コロケーションデータセンター:建物と設備のレンタル形態の施設

■ブロックバリューのデータセンターの特長とビジョン

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル