top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

“大東亜戦争”と呼んじゃダメ? 陸上自衛隊がX投稿を削除…なぜ批判? 反対派の教授「“大”とつけたいなら“アジア太平洋日本大敗北戦争”だ」

ABEMA TIMES

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; text-align: justify; font: 13.0px ‘Helvetica Neue’}p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px ‘Helvetica Neue’; min-height: 15.0px}span.s1 {font: 13.0px ‘Hiragino Sans’}

 陸上自衛隊の部隊(第32普通科連隊)が、硫黄島で行われた戦没者追悼式典を紹介するSNS投稿で「大東亜戦争」と表現したことが物議を醸し、削除・修正した。当時、欧米諸国の植民地だったアジアを開放し「大東亜共栄圏」の創設を目指していた日本。東条英機内閣は1941年12月10日、「対米英戦争」「支那事変」などを総称して「大東亜戦争」と呼ぶことを決定した。

【映像】「大東亜戦争」の様々な呼称

 終戦後、GHQの命令により「大東亜戦争」の呼び名は禁止され、現在はアメリカ側の呼称である「太平洋戦争」が定着している。その他に「アジア・太平洋戦争」「先の大戦」といった呼称も。『ABEMA Prime』では、「戦争の呼び方論争」について考えた。

■「大東亜戦争」呼称の是非

 国際政治学や平和研究が専門の新潟国際情報大学・佐々木寛教授は、「自衛隊が大東亜戦争という言葉を使うのは論外」と主張。「誰が誰に、どういう文脈で言っているのかが大事。今回は自衛隊が、SNS上の不特定多数に言った。『“太平洋戦争”はGHQの押しつけだ』との主張は、複雑な歴史を単純化している」との考えを示す。

広告の後にも続きます

 また、「“大東亜共栄圏”を大義名分に、侵略戦争を行い、多数の死者を出した。そもそも大東亜の“大”は誇張表現で、“東”はヨーロッパからの見方」とした上で、「陸上自衛隊は、旧陸軍の病理と決別するために努力した。しかし、自衛隊幹部の靖国神社をめぐる組織内文書にも、“大東亜戦争”は使われた。よりデリケートに考える必要がある問題だ」と訴えた。

 政治学者の岩田温氏は「大東亜戦争の呼称は問題ない」と主張。「開戦の詔勅には“自存自衛”と書いてあり、自分たちの国を守るために行う戦争と示されていた。アメリカとイギリスが“大西洋憲章”を作ったのに対し、日本が自国の理念を訴えたのが“大東亜新秩序”だ」。アジア諸国を集めた大東亜会議では、大東亜共同宣言が採択されたが、「共同宣言は今読んでも、おかしなことは書いていない」。

 その上で、「アメリカが使用を禁じたのは、大東亜会議や共同宣言が思い出されると都合が悪いから。ナチスドイツと同等に悪い国としたいがために、徹底的な言論統制を敷いた。戦争の反省も含め、日本人が戦った大義名分を考えると、大東亜会議や共同宣言は無視できず、“大東亜”を使うことに問題はない」と語る。

 これに佐々木氏は「大本営発表の形で、正確な情報や認識がゆがめられる中で、戦争が行われていた。戦争の目的も美化されていた。知識人には、本当にアジアを解放しようとしていた人もいたが、最悪な結果となった。そこには反省があり、間違いを美化し続けるのは、歴史修正主義と言わざるを得ない」と反論。

 表現を使いづけることで、植民地化やナショナリズムをあおらないか。岩田氏は「アジアという概念自体が、ヨーロッパから押しつけられたもの。当時よく『日本が植民地主義をとるための口実では』との議論があったが、むしろ日本は植民地をなくすために全力を尽くしていた。『全部悪かった』の一言で片付けるのは問題だ」と答える。

 近現代史研究者の辻󠄀田真佐憲氏は、今回の論点は「言葉自体の是非」と「自衛隊連隊の投稿として適切だったのか」の2つがあり、わけて考えないと混乱してしまうという。「前者は文脈次第で、学問領域でも忠実に使うケースと、批判的な意味を込める場合がある。後者は、やはり誤解を招く。短い文章に出てきて、解説もないと『あれ?』と思わせる。余計なことをやったに尽きる」と解説する。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル