top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「政治資金規正法」改正案 立憲と維新の共同提出困難に

ABEMA TIMES

 立憲民主党と日本維新の会は、自民党派閥の裏金事件を受けて政治資金規正法の改正案の共同提出に向けた議論を行いましたが平行線に終わりました。

【映像】立憲×維新「政治資金規正法」改正案の共同提出困難に

「政策論と、それから政治姿勢の両輪で合意するということが、私は今回(政治資金規正法の改正)の件については非常に大事なことだと思っています。そこの両輪が合意しないことには我々が連携するということはない」(日本維新の会・藤田幹事長)

 立憲と維新は政治資金規正法の改正に向けて断続的に協議を行ってきました。企業団体献金の禁止や議員本人も責任を負う「連座制」の導入など共通する内容がある一方、政治改革の取り組み方については両党で隔たりがあります。

 立憲は「法律が施行された時点で全党一斉に行うべき」と主張しているのに対し、維新は「まずは自ら実行する姿勢を示して欲しい」としていて、改正案の共同提出は困難な状況です。

広告の後にも続きます

 政治資金規正法の改正などについて議論する国会の特別委員会は、来週から開かれる予定です。(ANNニュース)

 
   

ランキング

ジャンル