top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【ラーメシ通信】らあめん花月嵐のご飯メニュー「鉄板イタめし」が泣ける理由 ──幾千の夜を越えて再び巡りあった静寂──

ロケットニュース24

思わず涙をこぼしそうになった。ラーメンの有名店『らあめん花月嵐』のご飯メニュー「鉄板イタめし 醤油バター味(税込700円)」を食べた時のことである。

ウマすぎて泣くとか、味自体にそこまでの感動は覚えないタイプである私(中澤)。しかし……しかしこれは……こいつはあの時の味じゃないか!

・出会い

『らあめん花月嵐』自体は全国で250店舗以上展開しているらしいし、私でも見たことがある。ただ、ラーメン自体にそこまでの興味がなかった私は、ご飯メニューの「鉄板イタめし」の存在を今回初めて知った。

ラーメン屋のご飯メニューにしては変わっている。っていうか、ラーメン屋でなくともちょっと変わってる。「鉄板」で「イタめし」って何だろう? ラーメン屋のご飯ものを探求する連載『ラーメシ通信』を始めた身としては気になったので「醤油バター味」を注文してみたわけだ。

・食べ方

かくして鉄板が運ばれて来たが、実物を見てもやっぱりピンと来ないご飯ものである。まず、鉄板の上には卵が敷き詰められており、その上にご飯が乗っていて、細切れのチャーシューと青ネギがふりかけられている。具は中華風にも見えなくはないのだが天辺にはバターが居座っているのだ。

広告の後にも続きます

どうやって食べるのか店員さんに聞いたところ、全体をよく混ぜて食べるものらしい。そこでスプーンを使って混ぜてみると、ジュージューした鉄板の上でご飯が色づいていく。どうやらタレ的なものもついていたようで、その色はチャーハンっぽいものへと変貌した。

・この味を知っている

ところどころ濃い色になったおこげがウマそう。だが、食べてみたところ、全然チャーハンではなかった。口に入れると広がる豊潤なバターの香り。その中に漂う醤油のようなタレの風味。なんてこった……私はこの味に覚えがある。

水道も止まるくらい貧乏だった時に何度となくお世話になった味。この味で飢えを凌ぎ、なんとか浮かせた食費で電気代を払うこともあった。知ってる? 電気が止まった時の静寂を。

都会にいるのに、まるで自分は世界に1人なんじゃないかと思うくらい部屋が静かになるのである。電気が止まる度、「冷蔵庫って結構音出てるんだなあ」と実感したものだ。そんな静寂すら思い出すようなこの味は、そう……

バター醤油ご飯。もちろん、肉やネギや卵も入っているし、なんなら鉄板で焼かれているため厳密には違うのだが、味の方向性がそっくりなのである。ハイグレードなバター醤油ご飯という感じ。

・鉄板イタめしに問いかける

いつから食べていないだろう? 幾千の夜を越えて再び私の前に現れたその味にこう言われたような気がした。「よう! 調子はどうだい?」と。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル