top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

全国各地の医師ら約60人がグーグル本社を集団提訴 「グーグルマップ」に書かれた“悪評”放置で

ABEMA TIMES

 インターネットの地図サービス「グーグルマップ」の口コミ欄に書き込まれた悪評などによって被害を受けたとして、医師らが損害賠償を求めて集団提訴しました。

【映像】「グーグルマップ」悪評めぐり医師らが集団提訴

 全国各地の医師ら約60人は、「グーグルマップ」の口コミ欄に書き込まれた事実と異なる悪評などが放置されて営業権を侵害されたとして、アメリカの「グーグル」本社に対して、合わせて140万円余りの損害賠償を求めて裁判を起こしました。

 診察内容には守秘義務があるため、悪評に反論することは難しく、被害に対する適切な対応が取られていないと主張しています。

 弁護団によりますと、書き込みをした個人ではなく、サービスを運営するプラットフォーマーの責任を問う集団訴訟は初めてとみられます。グーグルは「不正確な内容や誤解を招く内容を減らすよう努めています。個別の案件に関しては、コメントを差し控えさせていただきます」としています。(ANNニュース)

 
   

ランキング

ジャンル