top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

子犬は何歳まで?成犬になったら変えなければならない飼育方法やごはんの与え方まで

わんちゃんホンポ

何歳までが「子犬」なの?

生後12カ月までは子犬で、1歳の誕生日を迎えて成犬になる、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的には、「生後10カ月~1歳半まで」の間を子犬としています。しかし、実際にはもう少し細かく分けて考えられています。なぜならば、小型犬と大型犬を比べたとき、大型犬の方が成長するスピードが緩やかであるからです。

では、具体的にその違いについて確認してみましょう。

「超小型犬」と「小型犬」の場合

超小型犬と小型犬は、「生後10カ月まで」の間を子犬としています。

超小型犬は、成犬になったときの体重が4㎏以下の犬種のことを言います。小型犬は、成犬になったときの体重が10㎏未満の犬種のことを言います。

中型犬の場合

広告の後にも続きます

中型犬は、「生後12カ月まで」の間を子犬としています。成犬になったときの体重が11㎏以上25㎏未満の犬種のことを言います。

よく「小型犬と中型犬のどっちなの!?」と議論されるのが柴犬ですが、体重5㎏程度の柴犬もいれば、体重15㎏程度の柴犬もいます。

この場合、柴犬は体の大きさの違いで子犬とされる年齢が変わるのか、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

必ずしも同じ犬種が同じように成長するわけではない、と考えてみるとよいと思います。

大型犬の場合

大型犬は、「生後1歳半まで」の間を子犬としています。成犬になったときの体重が25㎏以上の犬種のことを「大型犬」と呼びます。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル