top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「ブルー きみは大丈夫」かわいい“空想の友達”が大集合した本ポスター公開

キネマ旬報WEB

 

子どもの時に一緒に遊んだ“空想の友達”が、もしも大人になった今でも、そばで見守っているとしたら──。「クワイエット・プレイス」のジョン・クラシンスキーが監督を務め、孤独な少女ビーが子どもにしか見えないモフモフな“空想の友達”ブルーと織り成す物語を描いた「ブルー きみは大丈夫」が、6月14日(金)より公開。本ポスターが到着した。

 

 

ブルーに体を預けるビー(ケイリー・フレミング)と隣人(ライアン・レイノルズ)。その周りを、ダンスが得意なブロッサム、探偵のコズモ、ピンク色をしたワニのアリー、おじいちゃんテディベアのルイス、ユニコーンのユニといった“空想の友達”が囲む。

広告の後にも続きます

子どもたちの豊かな想像力から生まれた“空想の友達”は、その子たちが大人になって忘れ去られた時、消えてしまう運命にある。ブルーも例外ではなく、新たなパートナーとなる子を見つけて彼を救うため、ビーは隣人の助けを借りて奮闘するが……。

クラシンスキー監督とレイノルズが「ピクサー作品の実写版のような映画を目指した」と語る、夢と感動の物語に期待したい。

 

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル