top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ベッドの下に隠れて女性を見つめる男 女性へのゆがんだ愛情 「アンダー・ユア・ベッド」場面写真

映画スクエア

 2024年5月31日より劇場公開される、SABU監督の韓国デビューとなるサスペンス映画「アンダー・ユア・ベッド」から、場面写真が公開された。

 場面写真では、自分の名前を呼んでくれた女性とすべてをともにしたいと考えた孤独なジフンが、女性のベッドの下に潜り込み、至近距離でアザだらけの彼女を見つめる不気味な姿が捉えられている。さらに、ジフンが女性の無数の家のリビングから寝室までを映し出した多数のテレビを見つめる姿や、自身が店主を務める熱帯魚店で女性とグッピーを見つめるシーンなどが収められている。

 「アンダー・ユア・ベッド」は、大石圭の小説を2019年に高良健吾主演で実写化された同名作の韓国リメイク。学生時代から誰にも名前すら覚えてもらえなかった孤独な男・ジフン(イ・ジフン)には、忘れられない女性がいた。それは、初めて大学の講義中に名前を呼んでくれたイェウン(イ・ユヌ)だった。 数年後も忘れられないジフンは、彼女を探し出して再会を果たすも、彼女は覚えていなかった。再び彼女に強烈に惹かれたジフンは、イェウンを24時間に渡り監視するようになる。そして、ジフンが夫であるヒョンオ(シン・スハン)から、激しいDVを受けていることを知ってしまう。

 孤独な人生を送る男・ジフン役には、「新米史官ク・ヘリョン」「青い海の伝説」などさまざまなジャンルのドラマや映画で活躍中のイ・ジフン。ジフンが思い続ける女性・イェウン役を、新人女優のイ・ユヌが務める、夫から激しいDVを受ける役を体当たりで演じる。さらに、暴力を振るうイェウンの夫役を、舞台や映画を中心に活躍するシン・スハンが演じている。「蟹工船」「うさぎドロップ」「砕け散るところを見せてあげる」などのSABU監督による韓国デビュー作となる。

【作品情報】
アンダー・ユア・ベッド
2024年5月31日(金)全国ロードショー
配給:KADOKAWA
©2023, Mystery Pictures, ALL RIGHTS RESERVED

 
   

ランキング(映画)

ジャンル