top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

“子育て&仕事”両立ムリ?時短勤務の職探しに壁…2児の母「100社以上も書類落ち」 雇う側の本音「中小企業は雇用したくてもできない」

ABEMA TIMES

 育児をしている人は“採用されにくい”。女性では結婚・出産後の就職を「難しい」と感じる人が9割以上とのデータもある。一方で衆議院では、男女の子育てと仕事の両立を支援する「育児・介護休業法」の改正案が審議入りした。

【映像】“お辞儀するから女性がいいとか…” 涙ながらに反論する田中萌アナ

 しかし中小企業では、社員が少ないと1人休んだだけでも一苦労で、子育て中の人を安易に雇えない現状もあるという。『ABEMA Prime』では、育児を支える社会のあり方を考えた。

■時短勤務の職探しに壁?と2児の母の悲鳴

 審議入りした育児・介護休業法改正案は、男女ともに仕事と育児等を両立できるように、育児中の柔軟な働き方を実現することが目的だ。残業免除は従来の3歳までから、小学校就学前までに拡大。子どもの看病等の休みも、小学校就学前から小学3年生までに。病気・けがを理由とするものに限られていたが、入学式や入園式も可能となる。働き方の面でも、3歳から就学前の子を持つ親への措置として、時短勤務・始業時間変更・テレワークなどのうち2つ以上を全企業に義務付ける。

 2児の母のAyaさん(20代)は、子持ちでも働きやすい環境を求めて転職活動中だ。夫(30代)と保育園に通う娘2人(4歳と2歳)と暮らし、コンサル系企業で派遣の営業事務職をしている。子育てに理解のある職場に転職を希望し、正社員を目指したが、時短の相談ができず派遣となった。転職活動は2カ月で3社落ち、2社は結果待ち。過去には100社以上も書類落ちして、面接は1件のみだった。

広告の後にも続きます

 法改正については「働くママにはありがたいが、子育て支援が広がる度に『子育て世代ばかりずるい』という声が聞こえてくる」と語る。

 現在は派遣で働いているが、「上の子が小学校に上がるまでに、テレワークの多い職場へ転職したいが、正社員は定時が長く、時短勤務も難しい」ため、派遣で仕事を探すことになる。「そもそも子どもができてから、派遣の面接に進む確率が減った」。

■雇えない企業側の本音

 企業側が、子育て中の人々を雇うことをためらう理由とは何なのだろうか?中小企業の代表をつとめるTakaさんは、女性を「子どもができたら辞める」条件で採用しているという。現在は営業事務2人、経理1人の女性を雇用しているが、寿退社や妊娠・出産で辞める人が多い。その経験から、産休・育休整備は中小企業では無理で、大企業などできるところはやるべきとの考えだ。

 補助金が出るなら雇うことも可能だが、産休・育休をすすめたいなら、政府が補助金を出すべきとの見方を示す。「仲良くしてもらうために同年代の若い女性を常時雇用しているが、どうしても結婚・出産がある。休むと誰かを補充するが、補充した子に仕事を教えると、帰ってきた子には仕事がない。中小企業は、物理的に定員が決まっているところがある」。

 面接時に方針を伝えても、「嫌だと言う子は、今まで一度もいない」。「男性も含めて離職率は低いが、高齢化はしている。女性は産休・育休の他にも、妊活や夫の転勤で退職する」とした上で、増員による職場復帰は「やりたくてもできない」と説明した。

 厚労省は中小企業を対象に、両立支援等助成金を設けているが、それでは不十分な現状もある。「お金もそうだが、戻ってもやはりお願いできる仕事がない。会社をどう継続するか、今雇っている人とその家族を食べさせることが第一使命で、きれいごとだけを言っていられない」。

■“子持ち様”が波紋!制度を整えれば変わる?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル