top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ホームラン級にファンを魅了する「ショーヘイスマイル」大谷、球審&捕手にニコッと微笑みルーティン

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース 0ー2 ナショナルズ(4月17日・日本時間18日/ロサンゼルス)

 ドジャースの大谷翔平投手が、第1打席の前に相手捕手と球審に最上級の微笑みで会釈。まさにホームラン級の「ショーヘイスマイル」を見せた。

【映像】みんなを虜にするショウヘイスマイル!

 ドジャースは1回表に先頭打者ホームランを浴びるなど2点を失い、0-2と2点ビハインドでこの試合最初の攻撃に入った。先頭のベッツが凡退し、「2番・DH」でスタメン出場している大谷が打席に向かう。

 大谷は打席に入る前に一塁ベンチにいる敵将のデーブ・マルティネス監督に挨拶。打席に入ってからは相手捕手のアダムズ、そして球審にも何かをつぶやきながらニッコリと笑顔を作って会釈をしてみせた。

広告の後にも続きます

 NPBでは第1打席に入る前に捕手や球審と挨拶を交わすのは珍しくない。塁に出てからも塁審や近くにいる相手守備の選手に挨拶をする。二塁に到達すると外野の選手にまで頭を下げる姿を多く見かかる。一方のMLBでそのようなことはほとんどないが、大谷は挨拶を続けている。もはや大谷を構成するルーティンの1つになっていると言ってもいいかもしれない。

 その挨拶効果なのか、大谷はこの打席で放ったライト前ヒットを皮切りにこの試合で3安打猛打賞を記録。チームは5安打完封負けを喫したが、そのうち3安打を放ち奮闘した。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル