top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「株、売った方がいいかな?」中東リスクに不安の声…数億円を保有する投資家「1日で“今までにない額”の損失が出たが…」 不測の事態でも“焦りゼロ”の理由

ABEMA TIMES

 中東情勢のさらなる悪化が懸念される中、株価の下落に不安を覚える声も上がっている。投資家たちは現在の状況をどう捉えているのか?

【映像】損失が出ても“焦りゼロ”の理由とは?

 けたたましく鳴り響く空襲警報の中、降り注ぐ無数の光。

 14日未明イランによるイスラエルへの大規模攻撃。イスラエル軍によると、発射されたミサイルとドローンの数は200以上。南部で少女1人がけがをしたことと、軍施設1カ所で軽微な被害が出たとの報告があったと発表した。

 15日、イスラエルの戦時内閣は閣議を開き対応策を協議。「強力な報復措置」を取ることが決定したと現地メディアが伝えている。

広告の後にも続きます

 今後、更なる悪化が懸念される、中東情勢。こうした中、ネット上では「これは、株売った方が良いのだろうか?」など株価の下落に伴う、株の売り買いに関する投稿が相次いだ。

 こうした中、『ABEMAヒルズ』では「今までないような額の損失が出た」という投資家を取材。

 投資家歴24年で保有資産は数億円だというDAIBOUCHOUさんは現在の中東情勢を受けた株価の下落について「そこまで大きなインパクトではない」と話す。

 「一番問題になっているのはアメリカの CPI (消費者物価指数)や小売り売上高が“景気が良すぎて”インフレが激しくなっていることだ。今年はそれが落ち着いて利下げが期待されていたが、それが剥落している。これこそが大きな株価下落の要因だ。中東情勢はタイミングが重なってしまった」

 中小型の割安成長株を300銘柄以上、分散投資しているというDAIBOUCHOUさん。投資資金の1%程度で銘柄の入替はしたものの、特に大きな売買はしていないと話す。

 「米・同時多発テロや東日本大震災など、予測不可能なことが起きて株価が下がるのは珍しくなく、後にそれ以上に反発して戻しているため、基本的にはずっと持ち続ける。損してもそれ以上に儲けることが大事だ」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル