top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

放送事故レベル! 大谷翔平、カメラに向かって一瞬だけ見せた“表情”がヤバすぎると話題に ファン騒然 「えっ?w」「さすがに反則でしょ」

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース6-2ナショナルズ(4月16日・日本時間17日/ロサンゼルス)          

4月16日(日本時間17日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対ワシントン・ナショナルズの一戦で、ドジャース・大谷翔平が塁上で見せたカメラ目線の笑顔が、日米両国のファンの間で注目を集めている。

0-0、両チーム無得点で迎えたこの試合の1回裏・ドジャースの攻撃。無死走者なしの場面で打席に立った大谷は、球筋を見るためなのか、初球、2球目と見送ってカウント0-2となるも、続く3球目、真ん中低め、やや外寄りの変化球に、逆らわずにバットを出し、右手一本を残して運ぶバッティングでレフト前へと運ぶシングルヒットに。この打席、一塁走者のベッツを二塁に進め、自身も一塁へと出るという、2番打者としては“最高のつなぎ”ができた形となった大谷は、一塁に到達すると、凛々しい表情で三塁側を指でさすジェスチャーをした後で、一塁コーチとヘルメットをぶつけあう恒例の「ヘッドバンプ」を披露。その際、“たまたま”なのか、三塁側から一塁方向を撮影しているカメラに向って、カメラ目線でニヤリ。大谷ファンにとっては、嬉しいファンサービスとなった。

こうしたカメラ目線での“大谷スマイル”に、ネット上の野球ファンからは「あ、一瞬目が合った!w」「えっ?w」「大谷君がこっち見てる!」「さすがに反則でしょ」「ニヤリ谷さんかわええwww」「なんかすげえ調子が上ってきた感じするわ」「いろいろスッキリしたんやろ。調子もええしな」といった様々な反響が巻き起こっている。

広告の後にも続きます

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル