top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

愛子様、GUやユニクロ姿も気品で高見え。コスパ系もご着用で日本ブランドを応援する使命感|辛酸なめ子

女子SPA!

 先日、日本赤十字社に初出勤された愛子様。ネイビーのスーツに白いシャツという日本の新入社員の象徴のコーデが初々しく、ピュアさが際立っていました。

愛子様の気品で高見え、GUやユニクロ姿も

 愛子様のファッションは象徴コーデや優等生コーデばかりではありません。このところGUやユニクロなどのコスパが高いブランドの服をお召しになっている姿がキャッチされています。

 23年9月に男女6名で東京ドームシティアトラクションに遊びに行かれたときは、ユニクロとポールアンドジョーのコラボのブラウス(2990円)をご着用。栃木県の那須御用邸でのご静養から帰られる時に着られていた2490円のGUの紺のワンピースも話題になりました。愛子様の気品で10倍以上に高見えします。

 愛子様はフォーマルなファッションとカジュアル系とオンオフがはっきりしていて、TPOに合わせられています。ご学友と会う時は、合わせてカジュアルなブランドをお召しになっているようです。コロナ明けのキャンパスで着用されていたUNTITLEDの花柄ブラウスも素敵でした。大学では学生として等身大のファッションをお召しです。

佳子様 皇室のファッショニスタ

 皇室のファッショニスタといえば佳子様で、大学時代はストリート系から革のジャケットや豹(ひょう)柄のハードなアイテムなど、なんでも着こなされていました。

 大学時代のリトリートでは、アメリカンスリーブのトップスに、カーデの前後ろを逆にして袖だけ通されたコーデのこなれ感が印象的でした。フォーマルな場では、セルフォードやユナイテッドトウキョウ、ADELLY、Apuweiser-riche、STRAWBERRY-FIELDSなど、様々なブランドから似合われる服をチョイスしていてセンスを感じます。

 コスパ系も、マチュピチュで羽織られたPierrotの4790円のアウターなど、マニアックな通販ブランドから買われているのがさすがでした。

 先日は、ロンドンのキャサリン妃ご愛用ブランド、ホッブスロンドンの花柄のワンピース(をお召しになっていて、キャサリン妃へのエールを表している説が浮上しています。ファッションで外交を試みるという高度なテクです。



愛子様ご着用ワンピースのブランド売り場に行くと…

 愛子様に話を戻すと、佳子様のような攻めのファッションではなく、安心感がある上品な出で立ちが多いです。子供時代に愛用されたファミリアのテイストを引き継いでいるような、清楚系のワンピースがお気に入りです。

 公務や儀式に参列する時のフォーマルなスタイルは、神々しいくらいの品格を放たれています。伊勢神宮や明治神宮を参拝された時の白い帽子とドレス姿は、ご先祖の神様と一体化しているようでした。フォーマルファッションに合わせられたミキモトの真珠のブローチ(29万8100円)もお似合いでした。

 また、愛子様が着用された上品なワンピースのブランド、kay meも話題に。都内のデパートの売り場を見に行くと「洗えます」というPOPが各所に設置され、見た目はドレッシーだけれど家で洗濯でき、素材も伸縮性があって、「一瞬で華やか、ずっとラク」というコンセプトのブランドのようでした。

 流行に左右されない、フェミニンでコンサバ系のデザインなので、愛子様も約7万円の花柄のワンピースを長くご愛用されそうです。

キャサリン妃は賢く節約で、メーガンは好感度のためZARAを着用

 コスパ系とラグジュアリー系ブランドを併用するのは世界のロイヤルな方々も一緒です。たとえファストファッションでも、背景が優雅な雰囲気で高級な調度品に囲まれていたり、人々のかしづかれていたりするので、全然安く見えません。

 ZARAの服をよくお召しになっているのはイギリスのキャサリン妃。ブルーや赤のジャケット、千鳥格子のスカート、チェックのワンピースなど、カッチリしているアイテムを選ばれています。ジョージ王子がH&Mのポロシャツを着用されていたこともありました。

この投稿をInstagramで見る

The Royal Foundation Centre for Early Childhood(@earlychildhood)がシェアした投稿



 キャサリン妃が賢く節約してコスパ系ブランドを着回しているいっぽうで、メーガンさんは好感度を上げるために計算してZARAやジェイクルーなどカジュアルなブランドを取り入れている印象です。

 メーガンさんは、デザイナーのクレア・ワイト・ケラーと仲が良いので、彼女がデザインしたUNIQLO:Cのアイテムでも取り入れたら、日本で話題になるかもしれません。



愛子様、日本ブランドを応援し日本円を流出させないという使命感すらも

この投稿をInstagramで見る

Hotel Restaurante El Patio(@el_patio_hotelrestaurante)がシェアした投稿



 ヨーロッパの王室はZARA人気が高いです。スウェーデンのソフィア妃やデンマークメアリー皇太子もZARAをご愛用。スペインのレティシア王妃も、ZARAのケープジャケットやセットアップなど高見えアイテムを着られていました。

 スペインのレオノール王女、ソフィア王女もZARA、そしてMANGOを愛用されています。ZARAもMANGOもスペインの会社なので、自国のブランドを発展させることにもつながります。イギリス王室もZARA頼みばかりでなく、国内ブランドを活性化された方が良さそうですが……。

 その点、GUやユニクロ、UNTITLED、ミキモト、kay meなどのアイテムを着用されている愛子様は、日本のブランドを応援し、日本円を流出させないという使命感すら漂っています。愛子様が日本経済を回されることで、景気が良くなる……そんな希望を感じます。

<文&イラスト/辛酸なめ子>

【辛酸なめ子】
東京都生まれ、埼玉育ち。漫画家、コラムニスト。著書は『辛酸なめ子と寺井広樹の「あの世の歩き方」』(マキノ出版)、『辛酸なめ子の現代社会学』(幻冬舎)、『女子校育ち』(筑摩書房)など多数。



 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル