top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

14歳で出産した美女、相手とは結婚できず別れキャバ嬢に…現在の姿にさらば森田「幸せやん」

ABEMA TIMES

 14歳で出産した美女が登場。赤ちゃんの父親だった相手とは結婚できず別れてしまったが、現在の姿にさらば青春の光の森田哲矢が「幸せやん」と感想を述べた。

【動画】14歳で出産した当時の姿&現在の家族写真

 『愛のハイエナ2』は、 “愛”をテーマに人間の『欲望』をあぶり出し、つい覗き見したくなる“瞬間”にしゃぶりつく遠慮を知らないドキュメントバラエティ。ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)がMCを務め、さらば青春の光(森田哲矢、東ブクロ)がレギュラー出演。この日のゲストには高山一実と藤崎奈々子が登場した。

 2006年、ドラマになり話題となった『14歳の母』。当時、性交同意年齢は13歳。中学生で妊娠、出産するケースもあり、当時の14歳以下で出生数は41人。ドラマではさまざまな葛藤が描かれていたが、実際の14歳の母はその後どんな人生を送っているのか調査した。リポーターとして加護亜依が登場した。

 お話を聞かせてくれたのは、2015年に出産し、現在は22歳の三浦星さん(以下、あかりさん)。ブラウンのロングヘアをゆるく巻いた髪型、襟元にフリルがついた白のブラウス、黒の超ミニスカート姿でスタイル抜群のあかりさん。小顔で小麦色の肌のあかりさんは、しっかりメイクはしているが表情にはまだ少し幼さが残っていた。

広告の後にも続きます

 名古屋にあるご自宅は、高く聳え立つタワーマンション。部屋の中に入ると加護は思わず「リビング広っっ!」と声を上げた。家賃は25万円で、名古屋市内を一望できる2LDKのマンションで、きちんと整理された部屋を見た加護は「キレイなおうち~」とうっとりした。

 中学3年の4月に女の子を出産したあかりさん。相手は隣の中学の1歳年上の男性で、あかりさんが16歳になっても相手は結婚できる年齢に達しておらず、結婚をする前にケンカ別れしてしまったそうだ。

 中学卒業後は、育児のことを考え高校進学は断念し、シングルマザーとしてキャバ嬢に。そこで出会った男性と交際がスタートした。14歳で出産したことを打ち明けると、男性は父親になることも受け入れて結婚。今は夫と8歳になった娘、夫との間に生まれた3歳の娘との4人家族のあかりさん。家族写真が映し出されると、森田は「幸せやん」と声を上げた。

 現在、あかりさんは奈良でバーを経営し貯金に励んでいるという。その理由は「24時間の託児所を作りたい」という夢を叶えるため。キャバ嬢時代に託児所にとても助けられたそうで「シングルマザーで頑張っているお母さんたちの味方になりたいと思っています」と語ってくれた。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル