top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

アメリカ〜警察犬に代わって活躍するロボット犬たち 初めての銃撃された事件も

わんちゃんホンポ

警察犬をテクノロジーに置き換える動き

警察犬はさまざまな任務でその役目を果たしていますが、仕事の性質上どうしても危険な目に遭う可能性が高いものです。また、警察犬の訓練と維持管理には莫大な時間と費用がかかります。

このような事情から近年アメリカの警察では、警察犬による追跡業務をドローンに置き換える動きも出ています。(※)

警察犬をテクノロジーに置き換える動きはさらに進み、ロボット犬の活躍も伝えられ始めました。先ごろアメリカで報道された、2つのロボット犬の話題をご紹介します。

(※)関連記事:ドローンは警察犬の代わりになるか?アメリカでの試み
https://wanchan.jp/column/detail/35623

爆発物・危険物処理班にロボット犬を配属

ペンシルベニア州のモンゴメリー郡保安官事務所は、2024年4月ロボット犬の”スポット”をチームに加えることを発表しました。

広告の後にも続きます

スポットはボストン・ダイナミクス社が開発し、RADeCO社によって改良された犬型検査ロボットで、同保安官事務所の爆発物・危険物処理班のメンバーとなるそうです。

スポットは足場の悪い困難な場所でも素早く移動できる機動性を持ち、階段の昇り降り、ドアの開閉、物体の操作などが可能です。

またスポットには高度な360°カメラシステムが搭載されており、危険物取扱の他にも、閉ざされた場所の調査や捜索救助活動での活躍が期待されているとのことです。

一方で、ロボット犬が市民に不安を与えないよう、スポットには兵器システムや顔認識ソフトウェアも搭載されていないことも明言されています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル