top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

役所広司主演『八犬伝』、八犬士に渡邊圭祐、水上恒司ら最旬キャスト集結!9名の新キャストが発表

シネマトゥデイ

最旬キャストが集結した八犬士 – (C)2024『八犬伝』FILM PARTNERS.

 役所広司主演で映画化される『八犬伝』(10月公開)で、八犬士などを演じる9名の新キャストが発表され、特報、ティザービジュアル、場面写真などが一挙公開された。

 本作は、日本のファンタジー小説の原点として知られる山田風太郎の「八犬伝 上・下」(角川文庫刊)を実写映画化したエンターテインメント超大作。里見家にかけられた呪いを解くため、運命に引き寄せられる若き8人の剣士たちの戦いをダイナミックなVFXで描く“虚”パートと、180話に及ぶ物語を悩み苦しみながら28年もの歳月をかけて書き上げた作家・滝沢馬琴の創作の真髄、そこで生まれた奇跡の実話を描いた“実”パートがシンクロする物語が映し出される。役所が馬琴を、内野聖陽が親友の絵師・葛飾北斎を演じるほか、土屋太鳳、磯村勇斗、黒木華、寺島しのぶらが共演。監督は、『ピンポン』や『鋼の錬金術師』シリーズの曽利文彦が務める。

 新キャストとして発表された、里見家にかけられた呪いを解くため引き寄せられる八犬士には、犬塚信乃役の渡邊圭祐、犬川壮助役の鈴木仁、犬坂毛野役の板垣李光人、犬飼現八役の水上恒司、犬村大角役の松岡広大、犬田小文吾役の佳久創、犬江親兵衛役の藤岡真威人、そして犬山道節役の上杉柊平という、注目の最旬キャストが集結。さらに、里見家を怨み、その怨念で里見家を祟る八犬士の最大の敵である玉梓役に栗山千明という全9名が発表された。

 公開された特報は、筆を握る馬琴に「あんた、何で戯作を書いているんだ?」と盟友・北斎が尋ねるセリフから始まり、“虚”のパートと“実”のパートという2つの世界の映像が交錯。最後は「どうしてもやり切らねばならぬことがあるんだ」と生涯をかけて「八犬伝」を書き上げることに執念をにじませる馬琴のセリフで幕を閉じており、創作の裏に隠された真実と奇跡の実話、そして、かつてないスケールで描かれる八犬士の壮大な戦いに期待が高まる映像となっている。

 加えて、圧倒的な存在感を放つ馬琴と北斎や、崩れ落ちる屋根瓦が壮絶さをうかがわせる八犬士の戦い、城の爆発シーンといった全4枚の場面写真、馬琴が思い描く世界で八犬士がエネルギッシュに躍動するティザービジュアルも明らかになっている。(高橋理久)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル