top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

大谷翔平、一瞬で消えた! 中継カメラが追いつけない… 走り出した瞬間に急加速するスピードがヤバい “爆速内野安打”にファン騒然「笑うしかない」「この人ピッチャーだぞw」

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース6-2ナショナルズ(4月16日・日本時間17日/ロサンゼルス)      

【映像】大谷、急加速するスピードがエグすぎる瞬間

4月16日(日本時間17日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対ワシントン・ナショナルズの一戦で、ドジャース・大谷翔平が披露した“爆速内野安打”が、野球ファンの間で注目を集めている。

6-2、ドジャース4点のリードで迎えた8回裏・ドジャースの攻撃、2死一塁の場面。これが第5打席目となった大谷は、カウント2-2と追い込まれてからの5球目、外角高めのボール球を打たされて、完全に打ち損じの内野ゴロに。しかし打球が完全に勢いが死んだボテボテのものであると見るや、大谷はバットを投げつつ短距離選手のような急加速を見せると、そのままトップスピードで一塁へ。大谷シフトで守っていたナショナルズのサードが打球を拾い上げたときには、もう送球を諦めざるを得ないという驚きの速さで、悠々一塁を駆け抜けることとなった。

打撃としては不満の残るものだったのか、一塁到達後の大谷は、複雑な表情を見せた後で苦笑することとなったが、改めてその“驚速ぶり”を見せ付ける形となったこの打席に、日米の野球ファンも大興奮。ネット上の野球ファンからは「すげえ加速やなw」「この加速はさすがに笑うしかないレベルだわ」「普通に短距離走でもかなりやれそうやな」「途中からの伸びがすごすぎwww」「みんな完全に忘れてるけどこの人ピッチャーだぞw」「あまりにスゴすぎて世界一リアリティがないwww」「恐ろしい身体能力だわw」「もう規格外すぎるんだよないろいろとw」といった様々な反響が巻き起こっている。

広告の後にも続きます

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル