top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

犬が飼い主を『出待ちする』心理5選 お風呂やトイレの前で待ち伏せされているときの正しい対応とは?

わんちゃんホンポ

なぜ?犬が飼い主を『出待ちする』心理5選 

皆さんがトイレやお風呂に入るとドアの向こうに愛犬が座って待っていた…という経験はありませんか。なぜ犬たちは飼い主を『出待ち』するのでしょうか。

1.飼い主に早く会いたい

犬たちが飼い主をドアの前で出待ちする理由として最も多い理由が、「飼い主さんに早く会いたい」「飼い主さんに甘えたい」という理由です。

単純に飼い主に会いたいために「飼い主が入っていったドアの前で待っていれば一番早く会える」と考えてドアの前で待ち伏せしているのでしょう。とても健気で可愛らしいですよね。

2.飼い主が何をしているのか気になっている

毎日のようにトイレやお風呂に入っていく飼い主を見て、「この中で飼い主は何をしているのだろう」と気になっているのかもしれません。

「危ないことはしていないかな」「もしかして僕に内緒で楽しいことをしているの?」と、犬は飼い主の行動をなるべくすべて知りたいと思っています。そのため好奇心や飼い主への興味から、ドアの前で待ち伏せしている犬も多いようです。

3.飼い主が入った場所の中が気になる

広告の後にも続きます

飼い主が中で何をしているのかも気になるけれど、飼い主が入っていくドアの向こうを見たことがない犬の場合は、まず「この中には何があるのだろう」と好奇心から待ち伏せしていることもあります。

この場合、飼い主がドアを開けて出てくる瞬間を狙ってドアの中を覗こうとしたり、スルッと体を滑り込ませ探索をする犬が多いです。特に、まだ家にやってきて月日が経っていない犬や子犬によく見られます。

4.飼い主の安全を確認したい

犬は家族や仲間に対する愛情が深い動物です。そのため、常に仲間や家族が危険な目に遭っていないか確認していないと落ち着かないと言われています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル