top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

愛犬が迷子になってしまったときの絶対NG行為2つ 飼い主がやってはいけない行動と日頃からできる対策まで

わんちゃんホンポ

愛犬が迷子になってしまったときの絶対NG行為

万が一愛犬が迷子になってしまったときの対応は、飼い主さんとして考えておく必要があるでしょう。

いざそうなってしまうとパニックになってしまうと思いますが、愛犬が逃げ出したときにしてはいけないNG行為があります。

1.関係機関に届け出をしない

「気づいたら愛犬が見当たらない…!」そんな事態になったら各関係機関に必ず届け出をしましょう。届け出することにより、情報が集まり発見に繋がりやすくなります。

実際、(犬には帰巣本能もあるし、そのうち帰ってくるだろう)などという安易な考えで、届け出を怠る人もいるのです。

犬は「家」という場所を認識し、帰ろうとすることは事実ですが、全ての犬が帰巣本能を持ち合わせているわけではありません。過信してはいけないのです。

広告の後にも続きます

なお、犬がいなくなったら届け出をすべき関係機関は以下の通りです。

警察署 保健所 動物愛護センター いなくなった最寄りの動物病院やトリミングサロン

愛犬がいなくなって焦ってしまうばかりかと思いますが、まずはこれらのしかるべき関係機関へ連絡をいれることが優先されることと覚えておきましょう。

2.周りの人の協力を得ない

愛犬が迷子になったときに、周囲の人々の協力を仰がないことは、絶対NG行為に該当します。

犬の行動範囲は、小型犬で約300m~1km程度、中・大型犬は約1~5km程度といわれており、自分や家族だけで探すには限界があります。

愛犬も飼い主さん同様、パニックになっていることも十分に考えられます。さらに遠くへ逃げ出してしまっているかもしれません。そうなると、少人数で探すことにやはり無理が生じてきます。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル