top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

犬を長期間ペットホテルに預ける悪影響 長期預かりがよくない理由やリスクまで

わんちゃんホンポ

ペットホテルってどんなところ?

『ペットホテル』とは、その名の通り「犬の預かり」をしてくれるペット用の宿泊施設のことです。施設によっては犬だけでなく、猫や小動物などを預かってくれる場合もあります。

多くの施設はトリミングサロンや動物病院に併設されており、預かった犬をケージの中に入れた状態で過ごさせるホテル、他の預かり犬と一緒にケージフリーの状態で遊ばせてくれるホテルなど、預かりの形態は店舗によってさまざまです。

旅行や出張、入院など、飼い主が数日間家に帰れない時に愛犬の面倒を見てくれる、とても便利なサービスになります。

犬を長期間ペットホテルに預ける悪影響やリスク

ペットホテルはとても便利なペットサービスですが、犬を長期間預ける場合には、いくつかリスクがあることも飼い主は知っておかなくてはいけません。

そこで今回は、犬を長期間ペットホテルに預ける悪影響やリスクについて解説します。旅行や出張などでペットホテルの活用を検討していた方はぜひ確認してくださいね。

犬が「飼い主に捨てられた」と思ってしまう

広告の後にも続きます

犬は長期間ペットホテルに預けられると、「自分はご主人に捨てられてしまったんだ」とショックを受けることがあります。

飼い主が事前に「1週間後に迎えに来るから待っててね」などと説明していても、犬には理解することができません。

一度捨てられたと勘違いした犬は、飼い主が迎えに来てくれても不信感を抱き、信頼できなくなってしまうことがあります。愛犬を長期間ペットホテルに預ける時は、これまで築いてきた信頼関係が崩れてしまうリスクがあることを理解しておきましょう。

中には、短時間の留守番もできなくなってしまう場合があります。いきなり長期間預けるのは犬に大きなストレスと、不信感を与えかねません。特に、飼い主に対して依存傾向のある犬の場合は、短時間の預かり練習からはじめた方が良い場合もあります。

犬がストレスで体調を崩すことがある

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル