top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

胃の状態が睡眠の質に差が出る?より良い睡眠を得るためにすべきこととは?【専門家がしっかり教える 図解 やせる食べ方】

ラブすぽ

すっきり目覚めて快適に!

「人は、眠っている間にやせる」。これは、僕が繰り返しお伝えしている言葉です。少しでも楽をしてやせたいのなら、まずは睡眠の質を上げることを真剣に考えるべきです。とはいっても、ずぼら断食中は、自おのずと睡眠の質が向上するのでご安心ください。胃の中に食べ物が残った状態で眠ると、寝ている間も消化が行われ、本来、就寝中に行いたい細胞の修復や回復にまで手が回らなくなります。

目覚めが悪い、朝からだるいという人は、修復がうまく行われていない可能性が大。反対に、修復がきちんと行われるようになると、すっきりと起きられて朝から活動的になれます。ちなみに僕は、毎朝5時頃に自然と目が覚めます。二度寝したいという感覚も久しく味わっていません。

人は寝ている間にもエネルギーを使います。ただし、お腹に残っているものをエネルギーに使うか、体に溜め込んだ脂肪をエネルギーに活用するのかで大きく違います。もちろん後者のほうがやせます。

また、よく眠れないと食欲抑制ホルモンのレプチンの分泌量が減り、相対的に食欲を高ぶらせるグレリンの働きが強まることもわかっています。空腹の状態でよく眠ること。それがやせ体質への近道と、心に留めておいてください。

『専門家がしっかり教える 図解 やせる食べ方』はこんな人におすすめ!

・無理せずに痩せる方法を知りたい!
・どんな食事をしてダイエットをするべきか知りたい
・ダイエットのおすすめメニューを知りたい

広告の後にも続きます

以上の方には大変おすすめな一冊です!

そんなに食べてないのに太る本当の理由

「そんなに食べていないのに体重が減らない」「カロリーを抑えて食べているはずなのに太ってしまう」という声をよく耳にします。努力している人には酷かもしれませんが、食事に気をつけているつもりでも、じわじわと体重が増えていく、あるいは、理想の体重以上の体重がありなかなか減らないという場合、自覚のあるなしに関わらず、食べ過ぎていることがほとんどです。

食べ過ぎと聞くと、食べる量をイメージする人が多いと思います。確かに、お腹がパンパンになるまで食べればそれは食べ過ぎです。ですが、油たっぷりの揚げ物や炭水化物が多めの食事など、次の食事までに胃で消化しきれないようなものを食べたり、量が少なくてもその日の活動量で消費しきれないくらい高カロリーなものを食べたりした場合も、実は食べ過ぎなのです。

食べ過ぎチェックリスト

ずぼら断食で体を改善していくにあたり、まずはスタートラインに立つことから始めましょう。ダイエットの基本でもありますが、やせたいと思ったら自分の食生活を把握すること。下の「食べ過ぎチェックリスト」を使うと、簡単にセルフチェックができます。食べ過ぎなのか、食べ方のクセがあるのかを確認してみてください。

□ 1日3食、ほぼ決まった時間に食べている
□ 舌にたっぷりと白や黄色の苔こけがついている
□ 満腹になるまで食べないと食べた気がしない
□ 午後のおやつ、または夕食後のデザートやスナックがルーティーン
□ 食べてから2時間以内に眠ることがよくある
□ 早食いの自覚があり、大低20分以内で食べ終わる
□ 昼食から1〜2時間後に強い眠気を感じることがしばしばある
□ よく噛んで食べようと意識したことがほぼない
□ 唐揚げやコロッケなど油で揚げた料理が大好き
□ 毎日、夕食に炭水化物(ごはん、麺類、パン、粉物など)を食べている

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル