top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「虎に翼」よねの過酷な生い立ちが明らかに【ネタバレ注意】

シネマトゥデイ

「虎に翼」第13回より – (C) NHK

 伊藤沙莉が主演を務める連続テレビ小説「虎に翼」(NHK総合・月~土、午前8時~ほか ※土曜日は1週間の振り返り)第13回が17日に放送され、主人公・猪爪寅子(伊藤)が通う明律大学女子部法科の同級生・山田よね(土居志央梨)の過酷な生い立ちが明らかになった。

 法廷劇の上演中に男子学生から野次を飛ばされ、揉み合いになった結果、足にけがをしたよね。第13回では、そんなよねを寅子たちが家に送り届けたことから、カフェーに住み込みで働きながら弁護士を目指しているよねの貧しい生い立ちや男装の理由を知ることになる。

 よねは百姓の次女で、早朝から夜まで働き、家のために姉と2人で何でも行ったという。父に口答えして暴力を振るわれたよねを唯一慰めてくれた姉も15歳で売られ、東京で女郎に。このままでは自分も売られてしまうと、よねは賢くあろうとしたが、結局15歳になる前に売られることに。売られたら何をやらされるか知っているため、ハサミで髪を切り「私、女やめる。だからここにいたい。誰よりも働くから。お願いします」と父に懇願するも聞き入れられず、逃げることとなった。

 そして、姉の紹介でカフェーでボーイとして働くことになったよね。数年後、姉が置屋の主人にだまされ、体を売った金をずっとごまかされていたことが発覚。取り戻す方法を自分なりに調べて助けようとしたよねだったが、どうにもならない時に「力になろうか?」と弁護士が現れる。金がないと断ったが、「そんなもん、いいんだって」と弁護士はよねの頬や腕をさわりながら言い寄った。

 その弁護士は、本来なら泣き寝入りする場面で「訴えるぞ」と脅しをかけ、金を取り返すことに成功。「法に勝る力なしってね」「まあ、また困ったことあったら言ってよ」とよねにささやいて去っていった。金は返ってきたが、姉は置屋を追い出され、変なうわさのせいで新たな仕事も得られず、結局男をつくって姿を消した。そんな時、よねは女子のための法科の専門部が明律大に新設されることを新聞で知る。「私は欲しい。今の私のまま、なめ腐ったやつらをたたきのめすことのできる力が」と願い、必死に勉強して入学した。

広告の後にも続きます

 よねの過酷な生い立ちは「想像以上にハード」「女をやめて生きてきたのに…よねちゃんキツすぎる」などと反響を呼んだ。

 朝ドラ・110作目の「虎に翼」は、女性法律家の先駆者である三淵嘉子さんをモデルとしたオリジナルストーリー。日本初の女性弁護士で後に裁判官となった一人の女性が、困難な時代に道なき道を切り開き、迷える子どもや追いつめられた女性たちを救っていく姿を描く。(清水一)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル