top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

弱小バスケットボール部 コーチの戦略で試合の風向きが変わる 「リバウンド」本編映像

映画スクエア

 2024年4月26日より劇場公開される、廃部寸前の弱小バスケットボール部の新任コーチと6人の選手が、韓国全国大会を目指す実話を基にした映画「リバウンド」から、本編映像の一部が公開された。

 公開された映像は、全国大会予選第一試合のプレイシーンの一部。中央高校の6人の選手のうち4人が高校からバスケを始めたも同然という圧倒的に不利な状況の中、相手チームに先制をとられるが、ヤンヒョンコーチのある戦略により風向きが変わる様子が収められている。ほぼCGなしの、本格的なバスケシーンの一部が見られる。

 「リバウンド」は、韓国初のバスケットボールを題材にした映画。バスケットボール選手出身のカン・ヤンヒョンは、解体の危機に瀕した釜山中央高校バスケットボール部の新任コーチとなる。しかし、全国大会での初試合の相手は高校バスケットボールでは最強の龍山(ヨンサン)高校。チームワークが崩れた釜山中央高校は惨敗し、学校側はバスケットボール部解体まで議論する。MVPにまでなった高校時代を思い出したヤンヒョンは再び選手たちを集め、誰も注目しなかった最弱チームの新任コーチと6人の選手は、2012年の全国高校バスケットボール大会への出場を目指す。

 監督を務めるのは、ドラマ「サイン」で脚本と演出を手掛け、映画「記憶の夜」などを監督したチャン・ハンジュン。コーチのカン・ヤンヒョン役を、「シークレット・ジョブ」などのアン・ジェホンが務める。実際の人物に近づけるため、1週間で10キロも体重を増やした。バスケットボール部の部員には、「愛の不時着」などの若手俳優イ・シニョンを筆頭に、2AMで俳優としても活躍の幅を広げているチョン・ジヌン、「偶然見つけたハル」などのチョン・ゴンジュ、「恋慕」のキム・テクといった新鋭俳優たちが、バスケットボールのトレーニングを積んで撮影に挑んだ。

 一足先に本作を鑑賞した著名人によるコメントも公開された。コメントは以下の通り。

広告の後にも続きます

【コメント】

■森義隆 /映画監督
ゲームシーンに1カットも誤魔化しがない。
だから決勝戦の第4クォーター、
ぼくも彼らとともに戦い、疲れ果て、涙してしまった

■坂井真紀/俳優
この展開、誰かが考えたストーリーじゃないんです(涙)これだからバスケットボールは面白いっっっ!!!泥臭く、諦めない気持ちが奇跡を起こすって、最上級の憧れです。

■西田尚美 /俳優
これぞアン・ジェホン!コーチの愛おしいキャラクターと、それぞれの選手たちの演技に大拍手です。これが本当にあった話だなんて。人生はなんてドラマチックなんだろう。

■佐々木クリス/バスケットボールアナリスト
試合中に放つシュートだって半分は外れる。大事なのはミスした後に何をするか。
バスケットボールの真髄を突き止め、胸いっぱいの喜びと覚悟をもって試合に臨む
選手たちのプレーと笑顔、そして涙が最高です!

■長谷川惠一 /3人制プロバスケットボール
俳優の方々がしっかりバスケの動きができていて、バスケ経験者として、プレーを見ていて爽快です。
また、シュートは外れることの⽅が多く、それをリバウンドし続ければチャンスはまたやってくるという、諦めなければいつでもチャンスをつかめる⾃信と勇気をもらえる感動的な映画でした。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル