top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

猫の『被毛』4つの種類別に役割を解説 洋服やレーダー…いろいろなかたちで猫を守っている!

ねこちゃんホンポ

ただし、現在において猫がそのような場所を歩く機会は少なく、むしろタフトが伸びることでフローリングなどで足を滑らせてしまうこともあります。

猫の足裏のタフトが肉球にかかるまで伸びたら、愛猫のためにもカットすることも検討しましょう。

まとめ

猫の体の被毛はただ生えている訳ではなく、それぞれ何かしらの役割を有しています。そのため、迂闊に猫の毛を切ってしまうのは、非常に危険な行為です。

本当に必要な場合を除いて、基本的には猫の被毛は抜いたりせず、自然な状態にしておいてあげましょう。

今回の記事を参考に、愛猫にどんな被毛が生えているかを改めて観察してみてはいかがでしょうか。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル