top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

猫が『ずっと玄関にいる』のはなぜ?考えられる5つの理由 帰宅を待ってくれているの?

ねこちゃんホンポ

1.飼い主さんの帰りを待っている

猫が玄関に居座る一番の理由は、やはり飼い主さんの帰りを待っているからでしょう。大好きな飼い主さんを一番に出迎え、ごはんをもらったり、撫でてもらいたいと思っているのです。

とはいえ、1日中玄関で待機しているわけではありません。猫には非常に正確な体内時計が備わっており、飼い主さんの毎日の帰宅時間を記憶して、玄関に移動していると考えられます。

また優れた聴力を利用して、飼い主さんの車の音を聞き分けて、玄関で出迎えている可能性もあります。

いずれにしても、飼い主さんの帰りを心待ちにしている証拠ですので、愛猫が玄関で出迎えてくれたら、たくさん可愛がってあげましょう。

2.外の様子をうかがっている

外の様子をうかがうために、ずっと玄関にいる可能性もあります。

広告の後にも続きます

猫は好奇心が強いため、外の世界を知りたいと思っています。玄関は、鳥の声や植物のにおいなどを身近に感じられるため、猫にとっては絶好の観察スポットなのです。直接外は見えなくても、音やにおいを感じ、外の世界を想像しているのかもしれませんね。

もし愛猫が玄関で耳を澄まして外の様子をうかがっていたら、気が済むまで静かに見守ってあげましょう。

3.居心地がいい

猫がずっと玄関にいるのは、居心地が良いからかもしれません。

猫はちょうどいい温度の場所を見つけるのが得意です。冷房や暖房が効きすぎた部屋から逃げ出し、玄関で温度調節をしているのかもしれません。

もし猫が玄関で寝そべっていたら、無理に部屋に連れ帰らずに、静かに見守ってあげましょう。

4.ふてくされている

猫はストレスや不満、不安などをさまざまな方法で表現します。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル