top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「ベストを尽くしてきた」逆転に次ぐ逆転で敗退のアトレティコ、「相手の方が上」と語るシメオネ監督が感じた差は?

超ワールドサッカー

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、ドルトムント戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。

16日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでアトレティコはアウェイでドルトムントと対戦。ホームで先勝しているだけに、このまま突破を目指したかったが、前半のうちに2失点を喫して逆転を許してしまう。

このままでは敗退となる中、後半立ち上がりにオウンゴールで2戦合計同点とすると、64分にはアンヘル・コレアのゴールで再びリードを奪うことに成功する。しかし、その後に2失点を喫し、2戦合計5-4で敗れ、ベスト8敗退となった。

逆転に次ぐ逆転で最終的には敗退となってしまったアトレティコ。シメオネ監督は、チームは奮闘したものの、チャンスを決め切るかどうかが勝敗を分けたとした。

「チームは最後まで、我々が望んでいたものとは逆になる試合に勝つための努力を見せた。ドルトムントは我々が2-2にしたことによく反応し、エリア内でより力強いかったからこそ、試合に勝ったと思う」

「最初、彼らにはワンチャンスがあり、それをものにした。我々にはチャンスが1つあったが、それを手にしなかった。そして、最後に彼らにあった唯一のチャンスで、結局ゴールを決めた。2-2になった後、彼らの攻撃はゴールで終わった」

「選手たちは試合に参加するために大きな仕事をしてくれたし、我々はベストを尽くしてここまで来た。これ以上言えることはない」

悔しい敗退となったシメオネ監督。改めて、ドルトムントが優れていたと語り、祝福した。

「我々はスコアボード上では僅差に迫ることができ、試合は同点に近かったが、相手の方が上だった。優れているチームは祝福されるべきだろう」


CLベスト4を懸けた戦いは
WOWOWでライブ配信!
>放送予定など詳しくはこちら
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル