top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

カツ丼チェーン「かつや」が幅広い客層から愛される理由。明確な4つのポイントとは

女子SPA!

 とんかつ・かつ丼専門店の「かつや」。業績好調の理由は女性にも好まれる点にあると言われています。なぜ好まれるのでしょうか?

 食文化研究家のスギアカツキです。『食は人生を幸せにする』をモットーに、食トレンド、スーパーマーケットやスタバ、ダイエットフード、食育などの情報を“食の専門家”として日々発信しています。

 女性一人でも入りやすい飲食店といえば、スタバなどカフェ系のおしゃれなチェーン店が思い浮かぶかもしれません。ところが食事となるとどうでしょう?

 実は、がっつり系メニューの代表であるとんかつやかつ丼を専門とする「かつや」が女性客の獲得に力を入れているんです。

 かつやを展開するアークランドサービスホールディングスは2023年2月、「2023年度の取り組み」として、現状強い「男性×労働者世代の日常食」だけでなく「女性の日常食」の領域も目指していくと宣言。世代や性別を広げていく事業戦略が功を奏し、業績好調を維持しています。

 揚げ物のどんぶりがなぜ多くの人から継続的に愛されるのか? 理由は明確にありました。そこで今回は、現代人のライフスタイルや食事情などをふまえながら、かつやの「かつ丼」に焦点を当て、女性の心をつかむ理由を考察。その4つをご紹介していきたいと思います。

①メニュー設計がサイズが選択可能&ヘルシーメニューあり

 そもそも女性は揚げ物が嫌いということではありません。かつ丼は栄養的にも豚肉は疲労回復に、卵は美容面でも魅力的な食材です。

 最近競合として注目されている松屋グループである「松のや」のメニューと比較すれば明確。使われるカツの重量や部位、卵の量が選びやすい設計になっているのです。

 基本の「かつ丼(梅)」は616円で松のやよりも14円安く、少々あっさりした味付けに。またロースよりもヘルシーなヒレカツ丼(869円)を選ぶことが可能。

 逆にしっかり食べたいとき用に、温泉玉子とごはん増量の「特カツ丼」もラインナップされていて、ネーミングの点でも“大盛”を頼みづらいという女性心への配慮さえ感じ取ることができます。

②家族が満足しやすく、シェアしやすいこと

 二つめは、ボリューム度のあるかつ丼として「カツ丼(松)」があること。80gのロースが2枚に卵が2個使われて作られたカツ丼です。重さを量ってみたところ、800g超えでした。

 家族でのテイクアウトにも便利。例えばたくさん食べたい夫や、1人分は食べ切れない子どもとシェアをしたい場合に活躍してくれるのです。

 かつやはテイクアウトニーズが非常に高く、忙しい時や疲れた時に喜ばれる料理。低価格カツ丼が家族の味方になることは間違いありません。



③220円のとん汁(大)がおいしい

 続いては、とん汁がたっぷり量でおいしいということ。かつやを運営するアークランドサービスホールディングスは、「ごちとん」という豚汁定食専門店をグループに持っているのをご存じでしょうか?

 つまり豚汁へのこだわりは並大抵ではなく、企業ノウハウを活用しておいしい豚汁を提供できているのです。かつやのとん汁(大)は220円と大容量でコスパも良く、一度飲めばファンになる人も多数いるそう。

 温かい汁物をたっぷり飲めることは、スープ好きな女性のニーズもしっかり満たしてくれているのです。

④100円割引券が節約願望を満たす

 最後の理由は、100円割引券の威力によるもの。

 これは500円以上のお会計の際に配布され、500円以上の会計時のみ使用できるサービスで、期限内には繰り返し利用できるのが魅力になっています。

 性別で一概には語れませんが、日々の食生活で少しでも節約をしたいと願う女性は少なくないはず。

 この割引券を活用すれば、カツ丼(梅)は516円に。ハンバーガーセットやカフェでのお茶よりも安くなる場合が多く、頼れる選択肢になることは容易に想像ができます。

 かつやは世代や年齢の枠を広げてますます人気になりつつあります。気になる人は自分の目と舌で確かめてみても良いかもしれません。

<文・撮影/食文化研究家 スギアカツキ>

【スギアカツキ】
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12



 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル