top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

赤楚衛二×錦戸亮、初共演の2人が語り合う 「仲良く和気あいあいと撮影できたら嬉しい」

Real Sound

(左から)赤楚衛二、錦戸亮(撮影:池村隆司)

 4月11日よりフジテレビ系で放送がスタートした赤楚衛二主演の木曜劇場『Re:リベンジ-欲望の果てに-』。

参考:赤楚衛二が語る、20代の頃からの変化 「できれば30代のうちに、年相応に見られたい」

 本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの“野心”と“復讐心”が入り乱れ、人間の内に秘めた“欲望”がむき出しになっていくリベンジサスペンス。赤楚は、日本屈指の巨大病院「天堂記念病院」の理事長の息子・天堂海斗を演じる。そして、そのライバル役、「天堂記念病院」に新しく赴任してくる心臓血管外科の医師・大友郁弥を演じるのが錦戸亮。錦戸自身、フジテレビ系ドラマへの出演は月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』(以下、『トレース』)以来、5年ぶりとあり、話題を呼んでいる。

 リアルサウンド映画部では、本作が初共演となる赤楚と錦戸にインタビュー。本作の話やお互いの印象について、余すことなく語ってもらった。

●赤楚衛二「憎しみとか怒りが原動力」

広告の後にも続きます

――赤楚さんはフジテレビ連ドラ初主演、錦戸さんは『トレース』以来、5年ぶりのフジテレビドラマ出演となります。オファーを受けたときの心境を教えてください。

赤楚衛二(以下、赤楚):まず「木10」という枠は、以前に『SUPER RICH』(フジテレビ系)をやらせていただいた枠です。そこで今度は主演をやらせていただくというのは、本当に嬉しいなと思います。GP帯の主役をやらせていただくことは、夢の1つでもあったので。それから、今回は僕が好きな復讐劇ということもあり、全力で役を生きたいなと思っています。ぜひ、皆さんにおもしろいものを届けたいです。

錦戸亮(以下、錦戸):いろんな環境が変わった中で、久しぶりに湾岸スタジオに来たときは、ちょっと感慨深くて、ソワソワした気持ちになったんですけど、またこうやって呼んでいただけて嬉しいなと思っております。精一杯、自分ができることを頑張りたいです。

――久しぶりの湾岸スタジオはどうでしたか?

錦戸:改装されているフロアがあったり、無人のコンビニができていて、「あんなに立派じゃなかったよな」って思いました。『トレース』のプロデューサーさんや監督、『ラスト・フレンズ』(フジテレビ系)のときのスタッフさんとも会えました! 『ラスト・フレンズ』が23歳のときで、15~6年前なのですが、みんな偉くなっていましたね(笑)。それから来れなくなるかもしれない道を選んだのは自分だったので、後悔はないのですが、久しぶりに来れると嬉しいものですね。

――変化を受けて、自分の成長した姿を見せようと思ったりしますか?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル