top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

森七菜、苦しい時期から脱却できた大自然での撮影を振り返る 長澤まさみから受けた影響も

Real Sound

森七菜(撮影:林将平)

 米津玄師「Lemon」、宇多田ヒカル「Gold ~また逢う日まで~」など数々のアーティストのMVを手がける山田智和の初長編監督作『四月になれば彼女は』は、『君の名は。』のプロデューサーや、自身の小説を自ら監督・脚本を務め映画化した『百花』などで知られる川村元気の同名小説が原作のラブストーリーだ。物語の中心となるのは、佐藤健演じる精神科医の主人公・藤代俊と、藤代との結婚を直前に控えて謎の失踪を遂げる、長澤まさみ演じる坂本弥生。そんな2人を繋ぐ存在が、藤代が10年前に交際していた初恋の女性で、世界中を旅しながら藤代に手紙を送る伊予田春だ。

参考:森七菜が語る、ブレイク後の心境と大ファンだった広瀬すずとの共演 「何か盗もうと思っていた」

 キーパーソンとも言える春を演じたのは、2023年7月期の『真夏のシンデレラ』(フジテレビ系)で月9初主演を飾ったことも記憶に新しい森七菜。悩みを抱えていた時期に変化のきっかけになったというボリビアやチェコなど海外での撮影や、影響を受けたという長澤まさみとの共演、そして自身にとって大切な存在だという川村元気への思いについて語ってもらった。

「大自然を見ていると、『あ、なんか大丈夫だな』と思えた」

ーー森さんは今回の『四月になれば彼女は』でボリビアやチェコなど10カ国で撮影を行ったそうですね。

広告の後にも続きます

森七菜(以下、森):特に映画の中でも印象的に描かれているボリビアのウユニ塩湖はものすごい絶景で、本当に感動しました。ただ、食べられるものが少なかったり、標高が高いのですぐに息が切れてしまったりして、環境的には結構つらくて。そういうことを乗り越えた先にあの絶景があったので、救われた気がしました。

ーー『アナザースカイ』(日本テレビ系)で再びウユニ塩湖を訪れた際に、『四月になれば彼女は』の撮影の頃はかなり落ち込んでいる時期だったという話をされていましたよね。

森:落ち込んでいた時期でしたね。捻くれていたというか、カメラの前に立つと素直に喜びを感じられなくなってしまっていたんです。それまでは、「自分はこの人だ!」と思ってお芝居ができていたんですけど、そう思えなくなってしまって、どうしてもお芝居が不自然になってしまって。自分自身もそれじゃダメだとわかっていたし、ちゃんとやらなきゃいけないのに苦しい時期でした。

ーー『四月になれば彼女は』はそんなタイミングでの撮影だったと。

森:撮影に入ったときも、“いまカメラの前に立っている”と思ったらできないことがあるのはわかっていたので、ある程度割り切ってやったところもありました。特に海外のパートは、常にカメラが回っていましたし、ずっと1人だったので。でも監督の山田(智和)さんは、それを理解してくれた上で、カメラが回っているのか回っていないのかわからない状態で撮影してくれていたんです。それは自分にとって変化のきっかけになりました。

ーー海外ロケで1人芝居となると、また別のプレッシャーもかかってきますよね。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル