top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

劇場アニメ『ルックバック』本予告公開 藤野と京本が漫画を描くメインビジュアルも

Real Sound

『ルックバック』©藤本タツキ/集英社 ©2024「ルックバック」製作委員会

 6月28日に公開される劇場アニメ『ルックバック』の本予告とメインビジュアルが公開された。

参考:河合優実&吉田美月喜、劇場アニメ『ルックバック』で声優初挑戦 藤野&京本役でW主演に

 『ルックバック』は、『ファイアパンチ』『チェンソーマン』を手がけ、2024年は劇場版アニメ『チェンソーマン レゼ篇』の公開も控える漫画家・藤本タツキの青春作品。2021年7月にコミック配信サイト『少年ジャンプ+』にて公開され、ひたむきに漫画を作り続ける藤野と京本という2人の少女の姿をみずみずしく描きながらも、やがて起きる2人の運命を分ける出来事を描き、著名なクリエイターたちをはじめ、多くの漫画ファンの注目を集めた。

 本作のアニメ化にあたり、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、『借りぐらしのアリエッティ』、『風立ちぬ』など、数多くの劇場作品に主要スタッフとして携わってきた押山清高が監督・脚本・キャラクターデザインを担当する。また声優初挑戦の河合優実と吉田美月喜がW主演を務めることが決定しており、藤野を河合が、京本を吉田が演じる。

 公開された本予告では、クラスのみんなから「将来、漫画家になれるじゃん」と言われ得意げな藤野の様子から始まり、不登校の同級生・京本との出会い、そして2人が一緒に絵を描くようになる姿が映し出されている。

広告の後にも続きます

 あわせて公開されたメインビジュアルでは、藤野と京本が肩を寄せ合い漫画を描く姿が切り取られている。

 なお、5月17日より本作の特典付きムビチケカード型前売券が数量限定で発売されることが決定。特典は劇場窓口で全3種から絵柄が選べる「リバーシブル四コマ漫画しおり」が用意される。

・押山清高監督 コメント
アニメーターやアニメーション監督って作品への向き合い方は漫画家と似ていて、漫画を読んだ時にしみじみと物語に感情移入できたのはもちろん、『ルックバック』を描くに至った藤本先生にも共鳴するところがありました。だから素直に自分事としても向き合える映画にできるなと思えました。
原作を快く貸してくれたバケモノ漫画家である藤本先生に感謝しつつ、アニメーション表現の世界に身をおいてきた絵描きの一人だからこそ描けることがあると思いながら、漫画とは一味違う映画作品を目指しています。
(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル