top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

遊びや運動は犬の脳を健康に保つために役立つという研究結果 行動エンリッチメントは海馬の容積を増加させる

わんちゃんホンポ

犬の脳の健康と行動エンリッチメント

犬が人間のさまざまな病気の治療モデルになることには多くの研究者が注目しており、実際に研究も数多く行われています。老化による認知機能障害もそのひとつです。

人間のアルツハイマー病には、脳神経細胞の外にアミロイドベータというタンパク質がたまってできるアミロイド斑というシミのようなものが関連しています。

犬もまた加齢に伴ってアミロイド斑が形成され、代謝にも人間と似ている部分が多いため、犬はアルツハイマー病の治療や予防のモデルとなります。

アメリカのカリフォルニア大学アーバイン校、ペンシルバニア大学、ケンタッキー大学の神経生物学の研究チームは、アルツハイマー病の治療薬となる可能性のある2種類の薬の研究を続けており、このたびその一環として犬の脳の健康状態と、行動エンリッチメントの関連についての調査結果が発表されました。

エンリッチメントとは「より豊かで有意義なものにすること」という意味です。

アルツハイマー病治療薬の研究に参加しているビーグルの脳を調査

広告の後にも続きます

この研究では、43頭(メス36頭オス7頭)のビーグルが調査対象となっています。ビーグルたちの健康状態は3年にわたって追跡調査されており、研究開始時の犬たちの年齢は全員が6歳でした。

犬たちのうちの半数はアルツハイマー病の慢性治療に使える可能性がある薬剤の投与を受けており、残り半分は投与を受けていません。

すべての犬たちは毎日運動し、おもちゃで遊び、人間との社会化の時間を設けられています。また、オスだけのグループとメスだけのグループに分かれて、毎日30分間犬同士で遊ぶ時間も設けられています。これら社会化や運動の時間が行動エンリッチメントとなります。

薬剤投与や行動エンリッチメントが脳に及ぼす影響を調査するため、犬たちは毎年1回MRIによる脳の検査を受けていました。なお研究開始時の犬たちの脳のサイズは、全員が平均的な大きさでした。

行動エンリッチメントは海馬の容積を増加させた!

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル