top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

犬の『夜の散歩』絶対NG行為4つ 知らないと危険?夜散歩のリスクや安全対策

わんちゃんホンポ

犬の「夜の散歩」での絶対NG行為

毎日愛犬を散歩に連れていきたいのはやまやまでも、飼い主さんによっては明るい時間帯に行くのは無理な場合もありますよね。

たとえ夜の暗い時間であっても散歩に行けるのは犬にとってはありがたいことですが、実は「夜の散歩」をする場合に絶対NGな行為があるのをご存じでしょうか。

そこで今回は、犬の「夜の散歩」でのNG行為について解説します。夜の散歩には昼間の散歩には無いリスクがありますので、夜しか散歩できない場合にはぜひ確認しておきましょう。

1.黒っぽい服装で散歩する

夜に犬の散歩をする時に、「黒っぽい服装」をして出かけるのはNGです。

暗い場所では、地味な色の服は闇に溶け込み周囲から見えづらくなり、交通事故に遭うリスクが高くなってしまいます。

広告の後にも続きます

夜の犬の散歩ではできるだけ明るい色の服を着たり、光るグッズや反射材などを身につけて自分と愛犬の存在を周囲にアピールしましょう。

2.ノーリードで散歩する

人通りが少ない夜の散歩では、公園や広場で犬を放したくなるかもしれませんが、ノーリードでの散歩は絶対にしてはいけません。

ノーリード状態での散歩は、犬の逃走や異物の誤飲など多くの事故の原因になります。特に夜は昼間よりも見通しが悪く、事故が起きやすくなってしまうでしょう。

そもそもノーリードでの犬の散歩は、ほとんどの自治体や公園で禁止されている行為ですので、愛犬の命とマナーを守るためにリードは夜でも必ずつけてください。

3.暗すぎる場所を歩く

街灯がない場所など、真っ暗な道を犬と散歩するのは大変危険です。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル