top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「アンメット」若葉竜也がヤバい! 「世界に知られてしまった」絶賛相次ぐ

シネマトゥデイ

初回より主人公ミヤビ(杉咲花)と三瓶友治(若葉竜也)

 杉咲花主演のカンテレ・フジテレビ系4月期ドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(毎週月曜よる10時~)の初回が15日に放送され、X(旧Twitter)で「#アンメット」が世界トレンド1位を獲得。とりわけ、変り者の脳外科医役・三瓶友治を演じた若葉竜也が反響を呼び、複数の関連ワードがトレンド入りした。

 本作は、元脳外科医である子鹿ゆずるが原作、大槻閑人が漫画を担当した「モーニング」で連載中の同名漫画を原作にした医療ヒューマンドラマ。記憶障害のある脳外科医の主人公が目の前の患者を全力で救い、自身も再生していく。初回では、1年半前に不慮の事故で脳を損傷し、今は研修先だった丘陵セントラル病院で看護助手として働く川内ミヤビ(杉咲)が、アメリカから帰国した脳外科医・三瓶友治(若葉)との出会いから、大きな一歩を踏み出していくさまが描かれた。

 キャストの中で注目を浴びたのが、記憶が一日しかもたない主人公ミヤビを繊細に演じた杉咲はもちろん、ミヤビの能力を高く評価し、再び脳外科医として働くよう強く訴える三瓶にふんした若葉。彼が「人手が足りないから」を理由に、看護師長・津幡玲子(吉瀬美智子)らの反対を押し切り、ミヤビを突き動かしていくさまは視聴者の心を揺さぶった。

 三瓶は脳外科医としての腕はピカイチだが「変わり者」の設定で、初登場シーンから強烈なインパクト。ミヤビと顔を合わせるなりグミを勧めて戸惑わせた。抑揚のない物言いで何を考えているかわからない節があるが、急患が運ばれた際の冷静かつ鮮やかな判断、采配ぶりでは医師としてのカリスマ性をにじませ、ミヤビが記録ノートのために写真を撮影する際には無表情ながらピースサインを出す愛嬌も。SNSでは「ハマリ役」「若葉くんの存在感は強烈なインパクト残したね」「初めてドラマで観たけど何だこのいい役者」「若葉竜也の飄々とした感じが好きだな」「不思議な魅力」「期待以上すぎた」など絶賛の声であふれ、「若葉竜也」「三瓶友治」がXのトレンド上位にランクインした。

 若葉といえば近年では杉咲が主演を務めた朝ドラ「おちょやん」(2020)の助監督・小暮真治役で注目を浴びたが、どちらかというと映画をメインに活躍していたためか「世界に知られてしまった」「若葉竜也さん、見つかっちゃったなあ」という声が多数。また、杉咲とは昨年12月に公開された映画『市子』で恋人同士の設定で共演。共に筋金入りの演技派同士ならではの息の合ったコンビネーションが熱い注目を浴びている。

広告の後にも続きます

 若葉は『愛がなんだ』(2019)、『あの頃。』(2021)などの売れっ子監督・今泉力哉の作品に多く出演し、同監督の『街の上で』(2021)で長編映画初主演。2016年の映画『葛城事件』では無差別殺傷事件を引き起こす少年を熱演し、香川まさひとと月島冬二による社会派漫画に基づくWOWOWドラマの劇場版『前科者』(2022)ではビジュアル共に衝撃的な変貌を遂げ爪痕を残した。今年は主演映画『ペナルティループ』が公開。9月公開の映画『ぼくのお日さま』ではフィギュアスケートのコーチを演じる池松壮亮の恋人役として出演する。(編集部・石井百合子)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル