top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

犬が催促しているときのサイン4選 愛犬が要求してきたときにすべき正しいレスポンスとは

わんちゃんホンポ

犬の方から催促してきたときは、優しくマッサージをするように撫でてみましょう。脇の下には「腋窩リンパ節」があり、気持ちよくて喜ぶ犬も多いです。

お腹周りの普段は見えづらい部分の皮膚の健康状態のチェック、腫れやしこりのチェックなどにも役立ててくださいね。

3.前足でチョイチョイしてくる

犬が前足でチョイチョイしてくるのは、催促しているときのサインです。

甘えた態度であることがよくあります。撫でてあげると、さらに前足でチョイチョイ催促してくることもよくあります。

飼い主としては、いつまででも撫でていてあげたいのですが、そういうわけにもいかないですよね。そんなときは、「またあとで♡」と笑顔で返してあげるとよいと思います。

広告の後にも続きます

それでも催促をやめないこともあり、前足でチョイチョイする力も強くなり、飼い主の皮膚にミミズ腫れや引っかき傷ができてしまうことがあります。そんなときは「ダメだよ」や「痛いよ」と声をかけることも大事です。

4.背中を向けておすわりして振り返って見つめる

犬が背中を向けておすわりして振り返って見つめるのは、催促しているときのサインです。

これは「撫でられ待ち」の姿勢で、背中を撫でてほしいのでしょう。自分では上手くカキカキすることのできない部分なので、おねだりしているのです。

また、犬はしっぽの付け根に辺りを撫でられることも好きです。「腰百会」というツボがあり、神経が集中している部分でもあるため、撫でられると気持ちが良いのです。

催促されたときは、コリを解すような、優しくマッサージをするように撫でてあげるとよいと思います。背中の皮膚の健康状態も一緒にチェックできるチャンスです。

まとめ

犬が催促しているときのサインを4つ解説しました。

控えめに吠える 目の前で仰向けに寝転がる 前足でチョイチョイしてくる 背中を向けておすわりして振り返って見つめる

あまりにも執拗な催促をするときは、スキンシップやコミュニケーションが不足し、愛犬に不安な思いをさせているのではないか、ということも考えてみましょう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル