top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬

アサ芸プラス

 阪神・佐藤輝明に「外野再コンバート案」が持ち上がっている。

 佐藤は岡田彰布監督が就任した昨シーズンから三塁手として固定起用され、「アレンパ」を狙う今季も、開幕から三塁守備に就き続けている。

 ところが「まずい守備」を連発。セ・リーグ失策王となっている(4月15日時点)。

 例えば4月14日の中日戦(バンテリンドーム)、2-1で迎えた7回二死二塁の場面がそうだった。中日・木下拓哉の平凡なゴロを捕球したまではよかったが、一塁にハーフバウンドの悪送球。大山悠輔がうまく処理できず、判定はセーフとなった。

 その後、先発投手の才木浩人が踏ん張って無失点に切り抜けたが、一歩間違えば勝敗を左右しかねないプレーであり、虎党をヒヤヒヤさせた。この試合を観戦していた球団OBは、次のように話す。

広告の後にも続きます

「佐藤の守備に関しては、OBたちも不安を抱いていた。とにかく打球への反応が遅いし、スローイングも不安定。とても安心して見ていられるレベルにはない。キャンプでも馬場敏史内野守備走塁コーチの指導で守備練習に時間を割いていたけど、向上した気配はないしね」

 それでも打撃でチームに貢献できればいいが、これも開幕から安定した成績を上げてはいない。在阪スポーツ紙遊軍記者が言う。

「まだ他球団との対戦がひと回りしたばかりですが、打率2割以下というのはひどい。ホームランもまだ2本ですからね。岡田監督も手をこまねいているわけにはいかないでしょう」

 そこで持ち上がりそうなのが、本人にとって守備への負担が少ない、外野手での器用だという。前出のOBも、

「まだ外野の方がストレスは少ないはず。打撃に専念させた方がいい」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル