top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

満開の桜並木にポーズをとる1枚の写真…撮影裏での自撮り写真家の苦労に「朝からお疲れ様でした!」「駆けてゆく所が愛おしいです」と反響

ABEMA TIMES

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 11.0px ‘Hiragino Kaku Gothic ProN’; color: #000000}

 自撮り写真家の「Rinaty」さんが、満開の桜並木をバックにエレガントなポーズをとる一枚の写真。しかし、その裏側の知られざる苦労がわかる様子を動画投稿し、SNSで話題となっている。

【映像】早朝から往復ダッシュして自撮りする様子

 Rinatyさんは自分で自分を好きになるために、日々、様々な背景で自撮りを行っているという。今回の写真も「#セルフポートレートの裏側」とタグ付けされ、その裏側の苦労が垣間見える。具体的には、人通りのない時間帯を狙うために朝3時半に起床し、早朝の公園で三脚を使って自撮りを行う。そのためには、カメラをセットしてから遠くまでダッシュし、いくつかポーズを取った後、再びダッシュして撮影結果を確認するという労力が必要だった。

 この写真を見た人からは「朝からお疲れ様でした!!」「めっちゃ走ってる!セルフポートレートの女神ですね」「駆けてゆく所が愛おしいです」といったコメントが寄せられ、投稿は175万件以上、表示されている。 (ABEMA『週刊BUZZ動画』より)

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル