top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

日経平均株価、一時900円以上値下がり

ABEMA TIMES

 日経平均株価は午後の取引も下落して始まり、下げ幅が一時、900円を超えました。1カ月ぶりの安値水準での取引が続いています。

【映像】日経平均株価の下げ幅が一時900円超

 16日の東京株式市場日経平均株価は、取引開始とともに500円近く値下がりし、午前の終値は15日より827円安い3万8405円でした。

 15日アメリカで発表された3月の小売の売上高が市場予想を上回ったことから、中央銀行にあたるFRBの利下げ時期が遅れるという見方が広がったほか、中東情勢の不安定化などからニューヨーク市場が下落した流れを受けました。

 日経平均は午後になっても値下がりし、下げ幅は一時、900円をこえました。

広告の後にも続きます

 市場関係者は「地政学的リスクで一気に投資家心理が冷え込んでいる」と指摘する一方、「値ごろ感があるので、ここからもう一段の下落が続くかは疑問」だともみています。(ANNニュース)

 
   

ランキング

ジャンル