top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

加藤綾菜、加藤茶に介護必要になった時に「自宅で介護か、施設へ預けるか」の考え明かす

マガジンサミット

加藤茶さんの妻でタレントの加藤綾菜さんが、著名人と介護のプロが身近な介護問題について語り合うSOMPOホールディングスの対談番組『もっと介護のハナシをしませんか?』に出演。4月16日よりYouTube上で公開されます。

『もっと介護のハナシをしませんか?』では、介護に高い関心を持つ加藤綾菜さんと介護の経営に携わってきたSOMPOケア株式会社の相談役会長・遠藤健さんが、身近な介護に関する問題についてトーク。テーマは「食へのこだわり」「人を支えること~旦那さんの夢実現のために~」「介護業界の DX ~未来の介護の在り方~」の3つで、全3回にわたって語り合います。

(YouTube:https://youtu.be/jJC6O8d8aZ8)

第1回の「食へのこだわり」では、介護食アドバイザーなど多数の資格を取得し、自身のYouTubeチャンネルでも料理動画アップしている綾菜さんが、夫の加藤茶さんを支えるための食へのこだわりや、介護と食の関わりについてトーク。綾菜さんは加藤茶さんの健康のため、結婚生活の始めの10年間は試行錯誤を繰り返し、やがて“氷だし”にたどり着いたそう。この氷だしのおかげもあり、なかなか下がらなかった加藤茶さんの血圧が今は安定しているそうです。一方、遠藤さんは、SOMPOケアの介護施設での食への取り組みについて説明し、介護予防という観点で食事は重要であると語りました。

第2回の「人を支えること ~旦那さんの夢実現のために~」では、数多くの介護関連の資格を取った綾菜さんが、介護への考え方や実際にデイサービスで働いた経験について語りました。資格取得時、先生から「本当に加トちゃんを愛しているんだったら、加トちゃんができることを奪わないであげて」と教わり、「自立支援」が大事だと学んだそうです。また、今後もし加藤茶さんに介護が必要になった際、自宅で介護をするのか、施設へ預けるのか、その考えを明かしました。さらに、綾菜さんは加藤茶さんの「108歳まで生きる。95歳までは現役」という夢を叶えるためのサポートをしていることも話しています。

広告の後にも続きます

 第3回のテーマは「介護業界のDX ~未来の介護の在り方~」。2040年には介護業界で働く人が69万人足りなくなるという試算が出ていますが、介護にテクノロジーを導入することで、利用者はより質の高いサービスを受けることができ、それによって職員の負担が減り、会話など人にしかできないことにもっと時間を使えるようになるとも指摘されています。実際に介護現場に導入されているテクノロジーを紹介するほか、テクノロジー導入の難しさについてもトークが展開されます。

また、人材を増やす取り組みについても言及され、さまざまな現実にぶつかって辞めてしまう人が多いという問題を解決するため、SOMPOでは教育システムを工夫していることが説明されました。そして最後に、綾菜さんから介護の従事者へメッセージが送られました。

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル