top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

JO1・川西拓実が子どもっぽい一面を暴露されて赤面

WEBザテレビジョン

JO1・川西拓実が、4月15日に都内で開催された映画「バジーノイズ」(5月3日[金・祝]公開)完成披露試写会の舞台あいさつに、桜田ひより、井之脇海、柳俊太郎、円井わん、風間太樹監督と共に登場した。

■映画「バジーノイズ」あらすじ

同作品は、むつき潤氏の同名コミックを映画化したもので、行先の見えない若者たちの出会いと未来を見つける姿を描いた青春音楽ストーリー。

マンションの住み込み管理人をしながら、「音楽を奏でること」だけを生きがいにしている清澄(川西)は、人と関わることを必要とせずシンプルな生活を送っていた。そんな彼に、上の部屋に住む女性・潮(桜田)があいさつを交わしてくる。その日失恋したという彼女は、毎日音漏れしていた清澄の音楽を楽しみに聴いていたと打ち明ける。やがて潮が投稿した何気ない演奏動画によって、自分の音楽を誰かに聴かせようなどと思ってもいなかった清澄の世界が大きく変わっていく。

■JO1・川西拓実が初主演映画に感無量「一生忘れない作品になると思う」

舞台あいさつでは、川西が「初めての主演の映画ということで、思い入れが本当にあって、一生忘れない作品になると思うので、皆さんに早く見ていただきたいという思いです」とコメント。

また、作品について「自分がスクリーンに映し出されるっていうのを、これまでの人生の中で考えたことがなかったので『少し恥ずかしいな』っていう気持ちと、『見てくださる方に絶対後悔させない作品になったな』という思いがありました。本当にたくさんのチャレンジがあった作品なのですが、僕の中で『チャレンジして良かったな』と思いました」と明かした。

■風間太樹監督の言葉に慌てて弁解するJO1・川西拓実

そんな中、風間監督が川西について「(桜田)ひよりさんから聞くと“人見知り”で、周りのメンバーからは『(人見知りの瞬間なんて)そんなことあった?』っていうくらいの人で、僕もよく分からない」と語ると、川西が「撮影の始まりが桜田さんと一緒で、桜田さんがたくさん気を遣ってくださったおかげで、柳くんや海くん、わんさんたちと初めて会う時には、安心感がある現場に変わっていたので」と慌てて弁解。

すると、柳が川西について「いたずらとか好きだよね。小中学生がやるような、後ろから肩をたたいて知らんぷりしたりとか。しょっちゅうやってきました」と暴露。加えて、円井も初めて川西としゃべったシーンを挙げ、「皿の端っこに置いてある(食用の)花を嗅いでいて、『うわっ、シソのにおいがする!』って言って嗅がせてきたんですよ! 私、びっくりしてずっと覚えてるんです」と打ち明け、会場を沸かせた。

一方、川西は共演者たちの暴露話に赤面しきりだった。

◆取材・文=原田健

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル