top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【マイラーズC】ソウルラッシュとセリフォスが地力上位 勝率75%の中山記念組ソーヴァリアントの一変も期待

SPAIA

【マイラーズC】ソウルラッシュとセリフォスが地力上位 勝率75%の中山記念組ソーヴァリアントの一変も期待(C)SPAIA

安田記念の前哨戦

3回京都開催の開幕週、芝1600mを舞台に行われるマイラーズC。19年にはこのレースをステップにインディチャンプが安田記念を制するなど、本番に向けても見逃せない前哨戦だ。過去10年のデータ(阪神開催時も含む)とともに主な出走予定馬の参考レースを振り返る。

中山記念【データ:A メンバーレベル:B】

過去10年の成績【3-0-0-1】勝率75.0%、連対率75.0%、複勝率75.0%

過去10年で4頭が出走し、そのうち20年インディチャンプ、21年ケイデンスコール、23年シュネルマイスターの3頭が勝利と抜群の相性を誇る。

稍重で行われたレースは、ドーブネがハナを奪い1000m通過58.6というハイペース。道中3番手のインからロスなく立ち回ったマテンロウスカイが残り100mでドーブネを振り切ると後続に2馬身差をつけて勝利した。勝ちタイムは1:48.1だった。

2番枠からスタートしたソーヴァリアントは、中団のインを追走するも向正面で折り合いの難しさを見せつつ追走。直線は外に持ち出されるも手応えが怪しくなり、1.3秒差の12着に終わった。マイル戦では3走前に富士Sで3着がある。ただ、中山記念はプラス22kgと余裕残しの出走だったことを踏まえると、今回は一変があってもいい。

ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)


洛陽S【データ:B メンバーレベル:C】

過去10年の成績【1-2-0-6】勝率11.1%、連対率33.3%、複勝率33.3%

洛陽Sからの参戦は9頭おり、15年レッドアリオンが勝利。直近では21年アルジャンナが2着に好走している。

レースはセッタレダストとレッドベルオーブによる激しい先行争いがスタートしてから600mほど続き、ハイペースで後続を引き離した。直線は横に広がっての追い比べを道中中団で脚を溜めていたドゥアイズが外から突き抜けて勝利した。勝ちタイム1:32.6で決着した。

2着となったトランキリテは道中最後方付近を追走。直線は大外から上がり最速となる33.4の末脚で猛追したが、1/2馬身及ばなかった。ハイペースと脚質がハマった面はあるが、勝ちタイムは速く重賞初挑戦でどこまでやれるか注目が集まる。

リューベックは中団よりやや後方を追走。直線に向いたところで進路が狭くなる場面があった。結果的にジリジリとしか伸びず0.7秒差の10着だった。過去の成績からも時計のかかる条件が合っているタイプと見る。


香港マイル【データ:C メンバーレベル:A】

過去10年の成績【0-0-1-2】勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率33.3%

香港マイルからの参戦は過去10年で3頭。15年フィエロの3着が最高着順となっている。

スタートして250mほど通過したところでフランスから参戦したトリバリストが先頭、2番手にはアイルランドから参戦のカイロと欧州勢が先行して前半800mを47.98で通過。7番手からレースを進めていた地元香港の英雄ゴールデンシックスティが直線半ばで楽に突き抜け1:34.10で勝利。2着は同じく香港のヴォイッジバブル、3着にはナミュールが入った。

ソウルラッシュは道中後方3番手を追走し、外から徐々に差を詰めるもナミュールには1/4馬身及ばず4着。ソウルラッシュとほぼ同じポジションから直線馬群を突く選択をしたセリフォスはタイトな競馬を強いられ、7着という結果だった。

ソウルラッシュはマイルCSでもナミュールとはクビ差の2着。ナミュールが先日のドバイターフでも僅差の2着と好走していたことを物差しにすると、ソウルラッシュも地力上位だ。セリフォスも昨秋は本調子とはいかなかったが安田記念2着の実績馬。先を見据えたレースとなるが、2頭とも今回のメンバー構成なら上位争い必至だ。

広告の後にも続きます

ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)


ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)


ダービー卿CT【データ:C メンバーレベル:B】

過去10年の成績【0-0-1-19】勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率5.0%

過去10年で20頭が挑むも3着内への好走は、16年3着のクラレントのみと相性は決して良くはない。

稍重で行われたレースは、セッションが先手を奪うかと思われたが、2角でエエヤンがかわして後続に8馬身ほど引き離して逃げる展開となった。エエヤンは直線もしぶとく逃げ粘っていたが、3番手外から運んだパラレルヴィジョンがゴール前で捉えて3/4馬身差で勝利。勝ちタイム1:32.9で初の重賞制覇となった。

エエヤンは近走二桁着順が続いていたが、気分良く逃げて最後まで粘り2着。得意の中山コースで復調を印象付けるレースだった。今回は開幕週でここでも気分良く運んで馬場を味方につけたいところだ。

セッションはエエヤンを行かせて2番手のインを追走するも、直線は伸びを欠いて7着だった。それでも今回と同じ舞台の京都金杯では2着、4走前には阪神コースながら1:31.9で勝利するなど高速決着にも対応できる。前走より条件は好転するので巻き返しが期待される。

ライタープロフィール
三木俊幸
編集者として競馬に携わった後、フリーランスとなる。現在はカメラマンとしてJRAや地方競馬など国内外の競馬場を飛び回りつつ、ライターとしても執筆している。

《関連記事》
・【マイラーズC】高速馬場への対応力がカギ 実績上位のセリフォス、ソウルラッシュが中心
・【フローラS】5番人気以内は差のないデータ 中心はエルフストラックらフラワーC組
・【マイラーズC】過去10年のレース結果一覧

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル