top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

石橋貴明、チームメイトと談笑中の今永昇太投手に直撃「英語がぜんぜん通じてない」<緊急渡米!ベースボールのおかげです。>

WEBザテレビジョン

ABEMAオリジナルバラエティ番組「緊急渡米!石橋貴明のベースボールのおかげです。」#3が、ABEMA SPECIALチャンネルにて4月11日に放送された。

「緊急渡米!石橋貴明のベースボールのおかげです。」は、石橋貴明が、アメリカの地で開幕直前のメジャーリーグベースボール(以下、MLB)のキャンプや練習試合に実際に足を運び、現役日本人メジャーリーグ選手や元プロ野球選手などの豪華メンバーに直撃したインタビューを公開する全5回のバラエティ番組となっている。


■4月11日放送の #3では

4月11日放送の #3では、石橋がシカゴ・カブスのキャンプ地を訪れ、現地を取材した。

まずはグラウンドで練習を見学していると、2024年シーズンからMLBに挑戦し、デビュー戦でみごと初勝利をあげた今永昇太投手の姿を発見する。通訳をとおさずにチームメイトたちと談笑して輪にとけこみ、さらにはチームメイトの中心で笑いをかっさらっているのを目撃すると、石橋は「鈴木誠也の話だと、英語がぜんぜん通じてないらしいんだけど……(笑)」と今永投手のチームメイトである鈴木誠也選手からのタレコミを暴露する。

今永投手との対談でも、英語でのコミュニケーションが話題になり、今永投手は「中学生の英語テストで90点をとったので、それを活かしてます(笑)」と冗談を飛ばしながらも、「英語を話そうとする姿勢が相手に伝わればいいと思っている」と自身のコミュニケーション術を明かした。

また、石橋は、鈴木選手からのタレコミ「実は英語が通じていない」について直撃すると、今永投手は「あはは(笑)。チームメイトたちからは『なんで入団したばかりの今永よりも、こっちに2年いる鈴木誠也のほうが英語をしゃべれないんだ』と言われています(笑)」と反撃した。

さらには、説得力のある言葉やするどい分析力で、プロ野球時代から「投げる哲学者」の異名をとる今永投手に、石橋は「このキャッチコピーを本当はどう思ってる?」とズバリ質問すると、今永投手は「僕はあまり好きじゃない」とぶっちゃけた一方で、「でも、僕がふざけたことを言ったとしても、『何か、考えがある発言なのか?』と思われる。それをうまく利用しています(笑)。あんまり掘られると実は浅いことがバレちゃうので、メッキがはがれないようにがんばっています(笑)」と石橋に打ち明けていた。

加えて、単身渡米した今永投手の“ごはん事情”から、MLBでの調整方法、ピッチクロックを利用する投球についてまで、さまざまな話題が飛び交っていた。

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル