top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

母・坂井真紀“しのぶ”に決して届かない仲野太賀“タツヤ”の思いに視聴者も「心がギュッとなった。つらい」と共感<季節のない街>

WEBザテレビジョン

「不適切にもほどがある!」の脚本を手掛けた宮藤官九郎が企画・監督・脚本を、池松壮亮が主演を務めるドラマ25「季節のない街」(毎週金曜夜0:42-1:13、テレ東系※最終回の6月7日は5分拡大/ディズニープラスにて配信中)の第2話「親おもい」が4月12日に放送された。ろくでなしの兄・シンゴ(YOUNG DAIS)の帰還によって、タツヤ(仲野太賀)に災難が降り掛かった。(以下、ネタバレを含みます)

■宮藤官九郎が20代の頃から切望していた企画を映像化

同作は、山本周五郎の同名小説をベースに、舞台となる“街”を12年前に起きた“ナニ”の災害を経て建てられた仮設住宅のある“街”へ置き換え、現代の物語として再構築。希望を失い、この“街”にやってきた主人公が“街”の住人たちの姿に希望を見つけ、人生を再生していく青春群像エンターテインメントとなっている。

宮藤が20代のころから切望していた企画で、テレ東とディズニーの共同製作で実現した作品。原作小説は、1970年に黒澤明監督が「どですかでん」のタイトルで映画化したことでも知られており、映画は1972年の第44回アカデミー賞外国語映画賞(現・国際長編映画賞)にノミネートされた。

■群像劇を彩るキャストが多数集結

怪しげな男の指示で、街に住む人々の暮らしぶりを報告する仕事を請け負い、猫のトラと一緒に街に潜入する主人公・半助こと田中新助を演じるのは池松。街の青年部を率いる、母親の愛情に飢えた承認欲求高めな“親思い”の次男・タツヤ役を仲野太賀が務める。

また、街の近所に住む酒店の息子で、好きな女の子目当てで街に出入りしているオカベを演じるのは渡辺大知。さらに、オカベが恋する街で一番内気なかつ子役は三浦透子、タツヤの母・しのぶ役は坂井真紀、「どですかでん」と叫びながら“見えない電車”を毎日1人で運転する六ちゃん役は濱田岳、六ちゃんの母・くに子役は片桐はいり、六ちゃんのよき理解者であり街を見守るたんばさん役はベンガル。

ほか、増子直純(怒髪天)、高橋メアリージュン、荒川良々、MEGUMI、皆川猿時、又吉直樹、前田敦子、塚地武雅、藤井隆、鶴見辰吾、岩松了などのキャストが集結し、“全員ワケあり&いわくつき”の個性豊かな住人として登場する。

■タツヤの兄・シンゴは困った時だけ金の無心をしにくる疫病神

今回はタツヤの物語。12年前の災害“ナニ”で父を失い、タツヤは母・しのぶ(坂井真紀)と兄・シンゴと街にやってきた。青年部のアキオ(戌井昭人)が親切にしてくれて、街のみんなもタツヤたちを優しく迎え入れてくれたが、シンゴは街になじめず家出をしてしまった。

しのぶはアキオと再婚し、その後、妹と弟が生まれた。つつましくも幸せな生活を送っていたタツヤだったが、やはり問題はシンゴ。高校3年の時、アキオはタツヤに大学進学を勧め、背広を仕立ててあげた。だが、いかにも反社な姿のシンゴが舎弟2人を連れて街にやってきた…。

しのぶは手放しで大歓迎し、シンゴのためにすき焼きを用意した。IT関係の会社を作るという、うさん臭いシンゴの話を喜び、勝手にタツヤの背広もシンゴにあげてしまうという始末。

金も持っていかれてしまい、タツヤは大学進学を諦めるしかなかった。その時にタツヤが感じたのは“絶望”だった。

■またもや兄・シンゴが帰還し、タツヤに災が降り掛かる

進学を諦めて就職したタツヤのことを気にして、アキオはより無理して働くようになり、体を壊して入院してしまった。母・しのぶがアキオの同僚に頭を下げてお金を借りたり、タツヤも給料を前借りしたり、夜中のバイトをしたりして、200万円近くが集まった。

アキオが入院している間にもシンゴはしのぶに金の無心に来ていたようで、手術代などで40万円ほどかかったが、残りの金を出すようにアキオに言われてしのぶが出したのが千円札2枚と少しの小銭だけ。残りは全部シンゴに渡してしまっていた。

タツヤいわく「その時のアキオさんの目。怒ってるでもなく、悲しいでもなく、今初めて会う人を見るような目つき」で、それ以降、口を一切きかなかったという。そこからはアキオの気持ちが絶望を超えたところにいってしまったのが感じられる。

■借金を返済して、これからという時に現れた兄・シンゴ

アキオが愛想を尽かして出て行った後、母も気持ちを入れ替えて、スーパーのパートをはじめ、清掃の仕事や内職もやるようになった。タツヤもバイトを掛け持ちして、6年がかりで借金を返済。

ようやくマイナスの状態から抜け出せるという時に、タイミング良くというか、タツヤにとってはタイミング悪くだが、シンゴがまたまた街にやってきた。刑務所に3年入っていたというシンゴは“すっかり生まれ変わった”とタツヤに言うが、もちろんそんな言葉は信じることはできない。しかし、しのぶは今回も手放しで大歓迎。

ここでタツヤに悲劇が。母と弟と妹と自分の家族4人でオートロックの高級マンションに引っ越すことを目的に、タツヤは母に内緒で貯金をしていた。その通帳をシンゴに持っていかれるんじゃないかと心配するタツヤに、将棋仲間のたんば(ベンガル)は、誰彼構わず小言を言わずにいられない大家を描いた「小言幸兵衛」という落語の話を伝えた。

■タツヤの気持ちが母には届かないもどかしさ

たんばの「(引っ越すことが)お母さんにとって本当に幸せならね」という言葉にハッとさせられたタツヤは、お金はまた貯めればいい。今回は兄にそのお金を渡してあげようという気持ちに。

そんな折、警察がやってきて、シンゴが刺されて病院にいると知らされ、タツヤは急いで駆けつけると、所持品の中にタツヤの通帳があった。なんと、しのぶが通帳を勝手にシンゴに渡していたのだった。

母・しのぶにとって、シンゴは離れていてもいつも心配してくれている“親おもい”の優しい息子。一方、タツヤはコソコソ貯金して、自分一人だけ良ければいいと思っている身勝手な息子。

本当の気持ちを口に出して伝えることもできないくらいにショックを受けたタツヤ。この時のタツヤが、入院していた時のアキオと重なって見えた。

もどかしさだけが募る展開に、SNSでは「兄の方が優しいって言われるのは納得いかない」「タツヤは自分だけでも幸せになったらいい」「心がギュッとなった。つらい」「この母と兄からは逃げるのが大正解。早く逃げて」と、タツヤを思うコメントがあふれていた。

◆文=ザテレビジョンドラマ部
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル