top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

愛犬に名前をつけるときのポイント4つ 覚えやすい名付けのコツや注意点まで解説

わんちゃんホンポ

愛犬に名前をつけるときのポイント

犬を飼って名前をつけるのは、最初のビッグイベントですよね。ずっと呼び続ける名前なので後悔しない、ベストな名前を…と思っているとなかなか決められないことも。

そこで今回は、愛犬に名前をつけるときのポイントについて解説します。悩んでいる飼い主さんは是非参考にしてくださいね。

1.犬が聞きとりやすい名前にする

名づけで特に重要なポイントは、「犬が聞きとりやすい名前にする」ことです。

最近の研究によると、『犬は母音が聞き取りやすく、子音は聞き取りにくい』と言われています。

例えば、犬に『ナナ』とつけたいと思っても、お母さんを『ママ』と呼ぶのであれば避けた方が良いでしょう。この場合、犬は区別ができなくて混乱してしまいます。

広告の後にも続きます

さらに、同居ペットがいる場合も、似たような音の名前は避けるべきです。『アン』『ラン』『サン』など紛らわしい組み合わせにならないようにしてください。

2.短い名前にする

愛犬には、ついこだわった名前をつけたくなってしまいますが、文字数の多い、長い名前は避けましょう。愛犬に長すぎる名前をつけてしまうと、自分も呼びづらくなり、結果として略して呼びはじめ、愛犬も略称を自分の名前と認識してしまいます。

犬の名前は2~3文字が理想です。犬はしつけの際に名前を呼ぶ機会が多いので、飼い主さんも自分が呼びやすい名前を考えてあげてください。

候補をいくつか挙げ、実際に愛犬に聞かせてみるというのも良い決め方です。

3.飼い主の名字とのバランスを考える

動物病院に行くと名前を書くことになり、フルネームで呼ばれる機会もあります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル