top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ノートルダム大聖堂 火災から5年 再建工事進む

ABEMA TIMES

 フランス・パリのノートルダム大聖堂の火災から15日で5年です。12月の一般公開再開に向けて、再建工事が続いています。

【映像】ノートルダム大聖堂の火災 当時の様子

 パリにあるノートルダム大聖堂は、2019年4月15日の火災で尖塔や屋根が焼け落ちるなど壊滅的な被害を受け、連日約500人態勢で再建工事が進められています。地上からの高さが96mある新しい尖塔の足場も徐々に取り外され、姿を現しています。

「年末の一般公開再開を楽しみにしています。この場所はフランスの中心のような場所です。フランス人全員にとって歴史のシンボルのようなものです」(フランス人観光客)

「(一般公開再開が)楽しみです。ここまで来て中を見られないのが残念だけどまた来ます」(スコットランドからの観光客)

広告の後にも続きます

 ノートルダム大聖堂の一般公開の再開は、2024年12月8日を予定していて、その後も屋根などの修復工事が続けられます。(ANNニュース)

 
   

ランキング

ジャンル