top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

カブス・鈴木誠也が右腹斜筋の張りで負傷者リスト入り 開幕から15試合で打率.305、OPS.893

ベースボールキング

カブス・鈴木誠也が右腹斜筋の張りで負傷者リスト入り 開幕から15試合で打率.305、OPS.893(C)ベースボールキング

◆ 鈴木誠也が負傷者リスト入り

 現地時間15日、シカゴ・カブスは鈴木誠也外野手(29)が右腹斜筋の張りにより10日間の負傷者リスト(IL)に入ることを発表した。

 MLB3年目の鈴木は開幕から15試合に出場し、打率.305、3本塁打、13打点、OPS.893という好成績。今季は日本人選手最速で1号本塁打を記録していた。鈴木はルーキーイヤーの2022年に左手薬指、昨年は開幕前に左腹斜筋を痛めてILに入っており、今回が3年連続となる。

 カブスは、鈴木に代わって2年目のアレクサンダー・カナリオ外野手が昇格。今季は3Aアイオワで13試合に出場し、成績は打率.269、OPS.858。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル