top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

瀬戸康史、“火ドラ”に欠かせない胸キュンシーンは「力み過ぎず、狙わずに演じられたら」 生見愛瑠ら共演者とのエピソードも<くる恋>

WEBザテレビジョン

瀬戸康史が、生見愛瑠主演の火曜ドラマ「くるり~誰が私と恋をした?~」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)に出演中。瀬戸は、まこと(生見)の自称“元カレ”で、フラワーショップ「Fleur Style Recollection」の店主を務める西公太郎を演じている。このたび、WEBザテレビジョンでは瀬戸にインタビューを実施。自身が演じるキャラクターの魅力や共演者とのエピソードについて聞いた他、数々の作品に出演してきた瀬戸が特に交流のある先輩・後輩の存在について明かしてくれた。

■記憶喪失になったヒロインが “恋の相手”と“本当の自分”を探す

同ドラマは“恋の相手”と“本当の自分”を探す、指輪を巡るラブコメミステリー。記憶を失い“くるり”と世界が一変したヒロイン・まこと(生見)が、不安と同時に自分らしさから解放され、“私歴一年”の赤ちゃんとして、本当の自分らしさを探していく物語だ。

また、恋の四角関係を繰り広げる男性キャストとして瀬戸の他、神尾楓珠、宮世琉弥が出演。年齢もタイプも異なる3人だが、唯一の共通点は、記憶を失ったまことの自分探しの手掛かりとなる指輪がピッタリとはまること。物語が進むにつれて、3人との関係性だけでなく、まこと自身も変化していく。

■オリジナル作品“くる恋”の結末は「僕たちも知らない」

――胸キュン要素の多い“火曜10時枠”のドラマに出演が決定した時の心境はいかがでしたか?

やっぱり“キュンキュンさせたいな!”と思いました。ですが、公太郎を演じる上で“キュンキュンさせてやろう”というのはあまり良くないと言いますか、いわゆる胸キュンシーンに関してもあまり力み過ぎず、狙わずに演じられたらなと心掛けています。

――脚本を読んだ時の感想を教えてください。

主人公が記憶喪失になってしまい、タイプの違う男性が3人出てくると。ラブコメの要素がしっかりとあって面白いなと思いましたし、それに加えてミステリーの要素もあるということで、いろんな意味でドキドキしながら読み進めました。

オリジナル作品で、僕たち自身もまだどうなっていくのか全く知らないので、いつも“次の台本来ないかな”とワクワクしています。

――現場でも今後の展開について予想したりされているのでしょうか?

今は第5話まで(台本を)いただいているのですが、最後には意外な展開が待っていて…。現場でも「あれは…」とみんなで話していました(笑)。


■座長・生見愛瑠は「プラスのエネルギーで溢れている」

――クランクインから約2カ月が経ちましたが、これまで撮影してみていかがですか?

公太郎がまことだけじゃなく、やっと朝日や律と絡みだしたんです。これから男性陣の小競り合いがあるのかないのか分かりませんが、お二人ともお芝居できるのが楽しみです。

――改めて、瀬戸さん演じる公太郎はどのようなキャラクターですか?

公太郎は主人公・まことの“自称元カレ”でフラワーショップを経営しています。とても優しくて、思ったことはわりと正直に伝えるタイプ。公太郎の優しさは押し付けがましくなくて、サラッとしている印象です。

――公太郎は記憶喪失になったまことを見守りながらも、時に背中を押してくれる存在です。

口数は多くないですが、まことが前向きに行動できるような言葉をチョイスして伝えているんじゃないかなと思います。

――主演を務める生見さんの印象はいかがですか?

皆さんが想像している通りの明るい方です。でも、それだけじゃなくて、彼女は連日撮影していて、せりふ量も多いですし、毎シーン出ていると言っても過言ではないのですが、現場で疲れている素振りを一切見せないんです。

いつもフラットでいてくださるので、現場の士気も上がりますし、プラスのエネルギーで溢れている気がしていて。生見さんの人間力みたいなところはすごいなと思っています。

――神尾さん、宮世さんと共演してみての感想を教えてください。

神尾くんも宮世くんも、とっても真面目です。お二人ともまだ若いですが、僕がお二人の年齢だった時よりもかなりしっかりしていますし、お芝居に対する熱量が伝わってくるので、すごく頼もしいなと思います。

――公太郎、朝日、律は“恋のライバル”になりますが、公太郎が他の二人に勝っていると思う部分は?

思いやりですかね。(まことに)サラッとドライフラワーをアレンジメントして渡したり、彼女のピンチにサラッと駆けつけたり、絵文字はないけどメッセージを送ったり…そういう思いやりみたいな部分は負けてないんじゃないかな。

――第1話を拝見して、公太郎がまことに声をかける時のトーンがすごくすてきだなと感じました。

心掛けていないわけではないのですが、きっとお芝居の中で自然とそうなったんだと思います。(声のトーンに)重きを置いていなかったのですが、お芝居をする中で優しさがこぼれたんですかね。


■共演者とは愛のあるイジり&ツッコミでコミュニケーション

――現場でキャストの方と距離を縮めるために意識してやっていることはありますか?

イジるじゃないですけど、突っ込んだりしますね。先日も「オールスター感謝祭」(TBS系)の時に、毎回CM前に流れるメロディーを5時間ほど聞き続けていたので、生見さんと「明日も耳に残りそうだね」という話をしていて。そしたら生見さんが「ノロウイルスですね」って言うから「それってノイローゼのこと?」と指摘しました(笑)。

神尾くんも「僕は利き目を右から左に変えたいんです」とか言っていたので、「えっ、それどういうこと!?」って突っ込んだり。ちょっと変わった子が多いんです(笑)。

――火曜ドラマへの出演は「家政夫のナギサさん」(2020年、TBS系)以来約4年ぶり。今作ではメインキャストは年下の方ばかりですが、現場での在り方に変化はありましたか?

あまり年齢で人を見ないようになったなと思います。自分より若いからとか、年上だからという考えはなくなったかもしれません。

――プライベートなどでも特に交流のある先輩や後輩はいらっしゃいますか?

先輩でいうと、長谷川博己さんは気にかけてくださっています。「オールスター感謝祭」の日に久しぶりにお会いしたのですが、すごくうれしかったです。“バラエティー番組出るんだ!”と思いましたし、意外と楽しんでいてびっくりしました。頼ってくれる後輩でいうと、事務所の後輩でもある東啓介はまめに連絡をくれますね。

――本作への出演が決定した際のコメントで「僕自身が10代、20代のときにみんなに好かれよう、嫌われたくないといい顔をして悩んでいた当時の思い出がフラッシュバックしてきた」とありましたが、そのような考え方から脱却できたきっかけを教えてください。

具体的なきっかけはないのですが、いろんな経験を積んで、年を重ねたからだと思います。人と比べるのに疲れてしまったのもあるかもしれません。

人と自分を比べたり、みんなに好かれようとしていた時期に、“だいぶ無理をしているかもしれない”と自覚してから、いつの間にか自分自身を大切に、そしてうそつかずに生きていきたいなと思うようになっていて…具体的に何かあったというよりも、徐々に変化していきました。


 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル